危なかった!「ノノノノ」感想

先週いっぱいはかなり忙しくて、土日はその反動で家でぐでーっとしてたら…

ヤンジャン買ってなかった

先週中には買う気なくて土日に買おうと思ってたんだけど。
そこで、コンビに行ってみたけど…ない。
マジかーと思いながらスーパーを巡っていくと…あった!よかった!

一応、立ち読みはしてたけどノノノノと合法都市ぐらいしか読んでなかったし、
感想を書けるほど内容を覚えてないし。
○○が×××ことぐらいしか記憶になかった…


っていうか合法都市が!面白い!
この調子なら前作「ブラッドラインズ」より続くんじゃね?
(いや、前作も個人的には大好きだったけど、残念な結果になっちゃったから…)


っということで、以下ネタバレありのノノノノ感想
悠太、ノノとの入れ替わりを画策して自殺!
それを受け入れる間もなく、身を隠すノノ!!

そしてセクシーショッツ!!!(5巻の宣伝)


以下、作者の意図とか関係なく、オレはこう受け取った、っていう駄文。
今回はいつも以上にその色が濃いので、いつもより要注意。
もし気分を害す方がいたら、ごめんなさい。
でもそう感じてしまったんだから仕方ないんですよ。


前回の感想で、このまま自殺はない、と書いたけど見事に大ハズレで。
それはいいんだけど、やっぱり、自殺にしても
入れ替わることが主な目的の自殺ってのがしっくりこない…

まぁ本人が作中でそう言ってるんだからそうなんだろうけど…

入れ替わるためっていうよりは、自分のためっぽいよね。
自分が耐えられなくなったというか。もう疲れたよ的な。

「絵を描いて生きていきたかった」けど、
もう今さらジャンプを捨てることはできなくて。父親のためじゃなくて
ジャンプ自体をもはや自分のためにやってると感じたし。
もう普通にジャンプを辞めることはできなかったとか。
自殺するにしても、金メダルを諦めることに変わりはないから
ただ死ぬってわけにもいかない。

そこで入れ替わり云々はきっかけと言うか、ついで?というか、

金メダルを取るまでジャンプを辞めるわけにはいかない、
じゃあ入れ替われば、金メダルへの夢は繋がるから
もう自分は死んで楽になれるしいいんじゃん?的な。(そんな軽くないけど)

「ノノ…ごめん」っていうのは、
悲しませてごめん、辛い道を作ってしまってごめん、ってのもあるけど、
全部ノノに放り投げて(今後の選択も含めて)、苦しませてごめん、
先に楽になってごめん、っていう気がしてきた。


なんか自分でも何を書いてるのかわからなくなってきたのでまとめると、

悠太は自分が死んでもいい状況を作り出すために入れ替わりを画策した、
と思う。
責めてるようなニュアンスになっちゃったけど、そういうことではないですよ。
,真面目ないい人間ゆえ、って気もするし。いい兄ではないと思うけど。



ってそんな見方してたから、せっかくの感動的場面を損なってしまった…
いや、まあ自分のせいなんだけど…


念を押しておきますけど、勝手な想像なので。
たぶんホントは、マンガを読んだままの意味だと思うので。その辺注意。

でも正直、こういった心情とかの部分は
マンガの演出、ワンシーンとしてはもちろん重要だけど、
ストーリーには直接関係ないから個人の勝手でいいと思ってる。
今後、この解釈の違いで何かに支障をきたすことはないと思うし。

悠太へのイメージ付けの違いから感じ方が変わる場面は
あるかもしれないけど、個人差の範囲に収まると思うし。


ちゃんとした感想を探してた人は
ごめんなんさい。もとからこんなブログなので…

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター