スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

4巻発売中!今週のノノノノ感想

同じくヤンジャンの「合法都市」好きなんだけど、新章突入でどうなるのかな。
もちろん今作は読むけど、
個人的には前作「ブラッドラインズ」ももうちょっと見たかった…


以下ネタバレありのノノノノ感想
「年始もスケジュールが大変!!なんとか頑張る岡本先生」(おたより催促文より)
頑張ってとしか言えないけど、頑張ってください!
おたより出してみようか。でもそういうのなんかビビるわ。


で、今週号は由良バッシングの内容なんだけど。

1回目読んだときは、
「前回までにビビり過ぎてたせいか?そこまで戦慄する感じじゃないな…」
って感じで。なんか怖がってたぶん、ほっとしたような。
最後は悠太かっこいいし。ある種、良い意味で裏切られた感じ。

で、2,3回読んでやっと気付いた(鋭い人は1回目で分かってるんだろうけど)。


…ここからが本題じゃん!


(ここから、作者の意図は知らないけどオレはそう受け取った、っていう内容)

今週はたしかにひどいバッシングを受けてるんだけど、
天津父のフォローあり、味方のおばさんがいる(別に登場しなくてもいい場面で)、
悠介自身まだ表面を取りつくろえている、なにより家族(仲間)がいる、

ってことで、孤立してないぶん衝撃が抑えられてる気がする。
最後はむしろ希望あふれるシメだし。


ビビらせておいて安心、鬱展開を期待してた人には拍子抜けとも感じられる内容に
しておいて、次回以降突き落とす気じゃなのか?

直行じゃなくて、一度安心させることでより衝撃度が増すというか。

だってよ、今回までは悠介が主役、次以降どっかで主役は悠太+ノノ、
最終的にはノノのみ(悠太のみを経由するかも)になっていくだろうけど、
その時には今回と違って、味方がいないんじゃない?

悠介も崩壊していくし悠太も正気じゃいられないだろうし。母親は分からないけど。

そう考えるとまた怖くなってきた…

(完全に勝手な予想であることを念押ししときます)


でもこれ、(人によるだろうけど)安心したまま読んでだまされた方が楽しいよな?
考え直してなかったら次回以降の予想なんてしてなかっただろうから、
マンガを楽しむ意味では深く考えず読んだ方がよかったような…
でも考えるのは楽しいんだよな…
どうしよう(前にも同じことないてたような…)

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。