スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

「極黒のブリュンヒルデ」159話感想



秋アニメが始まり始めてます。
アニメ見る習慣を復活させるために、少し無理して見る本数を増やしてたんだけど
何期か前から徐々に減らして、今期くらいが適正かなという感じに落ち着いてひと安心です。


以下ネタバレありです


なぜか復活した出来損ないの宇宙人は死亡。
ブリュンヒルダ、ロキなど、新たな謎の単語が登場し、余計に謎が深まる!
そして寧子は小野寺の手の内に・・・ってとこまで前回。


今回は、ヴィンガルフに捕らえられた寧子から。
脱走する以前の寧子のことを知ってるらしい研究員。
目のクマが濃くて光がないというか、研究ばっかりやってそうな顔でいいなw
最近でいうと、アニメ「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」の不破さんみたいというか。
この研究員は、寧子はヴァルキュリアの予備としか思ってないようだけど
寧子が「ブリュンヒルダ」であることは、小野寺さんにとって利用価値のあるものっぽいよな。
現状では、そもそもブリュンヒルダが何なのか分からないけどw


この後は最後まで、小野寺所長代理からエグい調教を受けるフリストの図です・・・
方法は違うけど、以前も同じように、フリストに人殺しをさせようとしてたよな。
高千穂や小野寺さんが、ヴァルキュリアに何をさせたいのかはまだ謎だけど
人殺しくらいできないと、力を存分に振るえないだろうから引き返せないところまで追いやって
あとフリストは全く従順ではないので、一度壊してから操ろうって感じか。
まぁ、真子よりは従わせやすいかもなw

殺された魔女が吐く、フリストを追い込む恨み節は
読み手側はフリストの視点に立たされてるだけに、ちょっとイラっとするというか
早く殺せというのは独りよがりじゃないのかよという気にもなるけど、向こうだって必死だし
そもそも悪いのは小野寺なので嫌うことはできないし、やりきれなくてきついな・・・


けっきょく、最後には耐え切れなくなり、自らの手で人殺しを犯してしまったフリスト。
本作は場面がころころ変わる回が比較的多いのに、今回はがっつり同じシーンで進んだな!
しかもその内容が、これまた久々のエグいシーンで、それをがっつりやったもんだから、余計にハードだった・・・
予告によると次回は寧子側の話みたいだけど、
フリストが次に登場するときには、抜け殻というか生ける屍と化してそうで、怖いな・・・
とにかく待て次号!

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。