スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

「極黒のブリュンヒルデ」144話感想




この号のヤンジャンで連載3話目を迎える、「元ヤン」がけっこう面白い!
外面は弱そうで3枚目な感じだけど、戦えば強い主人公の設定とか、
伝説の最強チームだった仲間が今後どんどん登場することが分かってたりとか、
すごくわくわくする!(100%褒め言葉として)いろいろとすごく手堅いという印象!
ヤンキーもの自体は特に好きでもないんだけど、男の友情みたいな熱い感じのは好きだし。

一時はまともな大人になった主人公が、今後どうなっていくのかも気になるな。
同じ作者の前作「サムライソルジャー」の最後の方と一部似た感じのテーマか。
(サムライソルジャーは正直ネタ的な意味での楽しみ方をしてたけどw)
最終的には、なんだかんだで問題は解決して且つまともな大人に戻って丸く収まりそうな気はする。
もしくは、大人になるでもなく不良(と書いてガキと読む)に戻るでもなく、世界中を回る旅に出るとかw


以下、極黒のネタバレありです

初菜の奮闘のおかげで、修学旅行の資金をゲットした魔法使いたち。
そのとき、記者コンビが喫茶マーメイドにまさかの来店!ってとこまで前回。


今回はその場面の続きから。
お互いの素性を知らずに、同じ店に居合わせる良太らと記者コンビ。
読者からしたら、もどかしいけどなんか楽しい感じだな!
得意の意外性満載の展開というよりは、
期待させておいて、1回すかしてからの、いやまだ可能性あると思いながら読まされて
最後には、やっぱり来たか!という感じでわくわくした!


しょっぱなからイスに横になってうめき声をあげる初菜w
ちょいちょい登場するけど、全部あ・・・しか言わないwこんなん笑うわwww
前回の展開を受けての今回の扱いも賛否あるかもしれないけど。


恥ずかしそうに、萌え萌えキューンする寧子が、あんまり今までにない感じで可愛いな!
しかし寧子は、マラムケってなに?みたいな感じで
こういう物事を恥ずかしいと感じるだけの知識自体がないと思ったけど、だいぶ学習したのか。
それにしても、寧子が前面に出るシーンは、話のメインではなくて
寧子を目立たせるためにねじ込んだ感がして仕方がないw


あと、佳奈の表情がすごく豊かな回だったな!
作中でカズミが言ってるとおり、あんな笑顔って初めてみたなw可愛いじゃないか!
怒ったり恥ずかしがったり表情豊かで今回の佳奈はじつにいい感じなんだけど
311ページの良太と佳奈のヒソヒソ話シーンが一番好き。
過去回にも数回あるような、この2人の秘密の会話シーンがすごく好きなので。
まぁ今まではシリアスなシーンばっかりだったけどなw
そういえば、個人的には極黒で好きなヒロインは佳奈だと、何回かは書いた記憶があるけど
男女含めて一番好きなキャラは良太なので、思い返してみるとそっちばかり主張してるような気がw

あと、今回のカズミは話を回す役というかネタ振りに徹していて、
目立たないけど地味にいい仕事してる気がするな!


最後に、ついに出会った佳奈と佳奈姉。
姉は佳奈のことを気付いてるみたいだけど、佳奈には(ドラシルではなく肉体の)記憶は残ってるのか?
そして、佳奈はどういう対応をとるのか?
嬉しい気持ちもありつつも、あくまで佳奈という肉体の肉親でしかないし、
自分達の事情に巻き込みたくないとか、いつ孵卵するかも分からないという気持ちから、
一度は突き放しそうな気がする、というか他人のフリをしそうだけど、
姉はけっこうしつこそうだし、あきらめそうにないよなw
とにかく待て次号!

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。