アニメ「極黒のブリュンヒルデ」7話感想

いつもながら、なんとか最速放送よりも早くあげるのが精一杯というていたらくですが…




以下ネタバレありです。そして原作既読者のよる感想なので
そのつもりでご覧ください。
小五郎に、魔法使い達とのいきさつを説明する良太・・・
ちょうど折り返し地点だし、マンガでもあったみたいに振り返るかと思ったらはしょったw
今までもだいぶ早足だし、そんな時間はない感じか!OPにすら食い込んでるしなw
ドレスデン製薬が云々とか、良太と小五郎の頭の良い会話もなしで。
まぁキャラ付けというか肉付けだけみたいな部分だし、二人が会話してるだけで動きがないしな。
ってかマンガですら、このへんの会話中のコマの半分ぐらいは背景が映ってるだけだしなw

エピソードの順番がだいぶバラバラに。寧子のカラオケと結花の紹介を同時にやるとは!
カラオケは絶対に要るシーンじゃないけど面白いし、奈波編をやるなら結花の登場は要るし
でも尺は限られてる中で、いろいろ消化してしかもスムーズになっててすごいな!
(プロに対して逆に失礼な物言いかもしれないけど)
マンガではカラオケからのカズミの三角座りからの鞄で後頭部殴打だけど
アニメは瑞花編はやらなさそうだから、原作ほど深い複線はいらないのか。
アニメ版の、佳奈の直球な発言からの後頭部殴打の流れでも十分カズミは乙女っぽくなってるしな!

三角座りはなくともカズミの出番はやっぱ多いな!
でも展開のスピードが速くて圧縮されたからなのか、
原作ほどカズミばっか目立ってる印象がないように感じる?
寧子はカラオケのエピソードがあったし、
小鳥は水着があるしな!カメラワークが良い仕事しすぎだろw
原作の小鳥が好きじゃないわけじゃないけど、アニメになって仕草がついて
一番好きさが上がったのは個人的には小鳥です。
佳奈が若干地味なのは仕方ないとして、それでも良太が寧子を好きと言ったりドン引きよだったり。
ってかマンガだと慣れてしまったけど、アニメだと佳奈が普通にしゃべるだけでも目を引くからなw
あと佳奈に限らず、マンガだとちょっとぐらいセリフがあってもあんまり印象に残らないけど
アニメだと、そのキャラが抜かれて実際にしゃべるからちょっとしたことでも
印象に残りやすいのかもしれないなと思ったり。

予告からすると、来週は謎端末の地図意の場所に行くっぽいけど、
カズミとのやりとりはしっかり消化する気なのなw
奈波登場ぐらいまではいくか?そしてそしてカズミが佳奈にイタズラするとこはやるのか?
って感じか!

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター