スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

「極黒のブリュンヒルデ」96話感想

さて、ついに本日の夜からアニメの放送が開始します!
ぼくが見れるのはもうちょい後になると思いますけど…
アニメオリジナルの展開が来るまでは展開が分かってるし
展開の想像とかないので、このシーンが良かったとかそんな感じの
マンガ版よりも軽めの感想は書く予定です(マンガ版の感想もたいして重くないのは秘密)。


以下ネタバレありです
失われていた魔法が覚醒したと同時に、記憶も戻った寧子ことクロネコ!ってとこまで前回。


良太の「誰だよお前!?」は、そのまんま、寧子のキャラとのギャップに
驚いてるギャグとして受け取っていいのかw
かんぐるなら、クロネコの記憶が戻ったのに
クロネコのキャラとも違うから困惑してるという可能性も?
今まで回想シーンに出てきたクロネコは、
寧子とあんまり変わらないクールかつ天然なイメージだけどなぁ。
研究所での環境がクロネコを変えてしまっただけなのか、
クロネコと名乗ってるけど本物のクロネコではないのか…
ドラシルの人格がクロネコの記憶を持ってるだけ?
記憶イコール人格と言っても、決して過言ではないとは思うけど
別人が同じ記憶を持ったときに、全く同じ人格になるのかというと、どうなんだろう?


以前、真子が寧子のことを妹と呼んだように、真子のことをお姉ちゃんと呼ぶクロネコ。
真子が妹と言ったときにも書いたけど、この姉、妹というのは、どういう意味なんだろう?
本当の姉妹なら良太だって知ってるだろうと思うけど、何か理由があって隠していた?
それか、本物の意味でのクロネコの姉じゃない?
上述の、今の寧子の人格は良太の知ってるクロネコじゃないかもしれないことと合わせて
何か秘密があるのか、ただの考えすぎなのか…
良太と再会した記憶はないみたいだけど、研究所での真子との記憶はあるみたいだし、
今の寧子(クロネコ)の記憶、人格はどういう状態なのかも気になるな。
研究所で、記憶がなくなり始めるきっかけとなる何かが起こる前までの記憶が戻ったって事か?


口論の末、クロネコと真子の魔法バトル開始!これはアニメで見たかったな!
以前は妹を大事にしてたっぽいのに、すっかり狂ってしまったなぁ真子はw
イチジク所長とクロネコの間にも何かあったぽいし、その辺は今後か。

もともとこれくらいはできたのか覚醒した効果なのか分からないけど、
バリアやら瞬間移動やらいろいろ使えるようになって、真子を追い詰めるクロネコ!
でも魔法の力の差というよりは、作戦勝ちというか、真子よりもやりなれてる感があるよなぁ。
以前に、寧子は人をたくさん殺してるみたいな話あったし。


佳奈の、テンプレのような「やったか!?」の発言の後すぐに復活して
自分は最新式のヴァルキュリアだからと余裕の真子。魔女を造る技術も進歩してるんだなぁ。
魔法の容量が増えててイジェクトもしにくいらしいけど、どうする?
こういう場面は良太の出番…と言いたいところだけど、今回ばかりは何も出来ないかなw
クロネコは無言のままだけど、まいってるだけなのか、何か秘策があるのか?
待て次号!

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。