年末に買ったマンガたち①

この調子で、もう一個ぐらい日記書いておいて勢いをつけることを試みてみる!
もともと文才も思考能力もないので、自分の書きたいことに能力が追いついてこなくて
時間がかかったり挫折するパターンが多いので、あんまり深く考えず。

年末年始は実家に帰る道中で、その電車の中で読む用に買ったマンガたちの紹介、雑感です。
ノノノノの感想を書くようになってからヤンジャンは毎週買ってるけど、基本的にはコミックス派です。
狙って新巻をチェックしてるマンガもいくつかあるけど、
ふらっと本屋に行って、表紙とかあらすじだけを見て買いあさるのも大好きです。
今回は両方のパターンが混ざってます。


以下、ネタバレは書いてないけど、下記のマンガの内容に触れてます注意。

ディーふらぐ!
ニッケルオデオン(緑)
モンテ・クリスト
ディーふらぐ!
8巻を買いました。これは、ちゃんとチェックして買ってるパターン。
ミラクルジャンプで連載してる「魔王様ちょっとそれとって!!」が面白かったので、
同じ作者のこの漫画も買い始めました。
ノリは「魔王様~」と同じ感じで、とにかくボケまくりのツッコミまくりで、勢いがあってすごく好き!
違うのは、「魔王様~」は魔王様がイジられて魔王様がツッコむパターンが多いのに対して
「ディーふらぐ」では、あらゆる方向に向けてのボケに対して風間くんがツッコミまくる感じか。
あとキャラの数がとにかく多くて、モブキャラや名前だけ出てきたキャラが
急に準レギュになったりするのも楽しいな。お前かよ!みたいなのが。
あとは、いわゆるキャラ萌え要素もだいぶ強いか。
ってか、新キャラを出してそいつをボケさせたり他のキャラからの被害にあわせてネタに使って、
むしろネタありきでキャラを作ってる感じかも?
結果、全員が役割を持てて、キャラクターが立った可愛いキャラを量産できる感じか!
男キャラもすごくいい味出してる!
8巻もボケ通しのツッコミ通しのキャラ増えまくりだった!
この1月からアニメが放送してますけど、まだ見れてません。


ニッケルオデオン(緑)
これは、だいぶ前に表紙買いした「ニッケルオデオン(赤)」が面白くて
たまたま(緑)を見かけたので買ってみた。
短編集で、ちょっと、藤子・F・不二夫のSF短編を思わせるような、すこしふしぎな話。
シュールだったりブラックだったりなんでもなかったり。
あの絵柄で淡々とした雰囲気で話が進むのもシュールさが増して心地良い!


モンテ・クリスト
1巻を買いました。ってか1巻しか出てなかった。
これは表紙とあらすじだけ見て買った。絵柄と絶望の淵から戻った男の復讐劇というとこにひかれて。
原作はフランスの小説「モンテ・クリスト伯」で、日本では「岩窟王」として翻訳されたらしい。
あらすじは同じなんだけど、SF的な要素はオリジナル?
絵柄とか演出が、なんというか、ちょっと普通じゃない(褒め言葉)感じ!
どういえばいいのか分からないけど。ぼくの持った第一印象では、手塚治っぽい?と言う感じ。
続きも気になるし、次巻も買うつもり。


こんな感じで、あと3冊ほど読んだので②に続く、かも。
で、思い出したのは、そういや極黒のブリュンヒルデ7巻の日記を書いてない…

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター