スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

「極黒のブリュンヒルデ」65話感想

今号(もはや先週号ですがorz)は、「カジテツ王子」、「ラジオヘッズ」の作者、
向浦宏和先生の詠み切り「テクノブレイクヘル」が載ってます!
ぼくはこういうくだらない系統の下ネタが大好きです!

いや、でも真面目に考察すると、導入部は入りやすくて、起承転結があって
後半では前半に仕込んだ複線を回収して、最後はしっかり落とすという
読み切りとしてものすごくかっちりしたつくりで、それが逆に吹くわw
内容クソくだらんのになにしっかり作りこんでるんだよという(褒め言葉)
いや、こういうドタバタ系だからこそ、しっかり作らないといけないのかもしれないけど。
連載復帰が待ち遠しい作者の一人です。


以下極黒のブリュンヒルデのネタバレありです
ついに高千穂から本格的にお叱りを受けるイチジク所長!ってとこまで前回。


今回はその続きから。
前回、楽には死なせないとまで言われても全く臆する様子もなく
むしろ逆に高千穂側を脅すような発言をするイチジク所長!

僕は最初のころ、ヴァルキュリアは複数体いるのかなぁと思ってたけど
そうじゃなくてヴァルキュリアはコードネームだから
単一の個体の指す名称っぽいことはちょっと前に明らかになって、
そしてここにきてSクラスはまだ複数体いることが判明。
しかし、単位が「座」とは完全に神様あつかいじゃないか。

調子のいいことを言って下界に出るための口実という感じか?
真意は分からないけど、少なくとも全て本当のことを言ってるってことはないだろ。
珍しく目が笑ってるしな。
いろいろ妄想が広がるところだけど、最後のページのことも含めて後で。


場面は変わって、良太を待ち伏せして夜景に誘うカズミ。からのキスからの流血!
今回のカズミは無条件にかわいいと言わざるを得ないわ!!
いや今までが可愛くなかったわけじゃあないけど。
今までも似たような、積極的かと思えば恥ずかしがるような場面はあったけど
また少し違った感じというか。
ってかすでにおっぱい以上のものを見られているにも関わらずやっぱりキスは特別なのかw

そして鈍感にもほどがある良太!ってか、カズミを呼び止めたのは
「星座を教えてやる」がメインだろ。
のってきたら自分のしたい話題を延々としだすタイプな感じがしないでもないw
そして家に帰ってからは、けっきょく「黒羽が知ったら…」かよw
もう良太が無自覚に魔法使い達に14股をかける物語でいいよ!


また場面は変わって、朝の景色を独り占めする真子。
発言からすると、真子が脱走したのには、特に理由があったわけじゃなくて
ただ単に自由に遊びたかったからっぽい?
そこにイチジク所長が!「よくもやってくれたな」というセリフをそのまま受け取ると
真子が脱走したのはイチジク所長の計画ではなかったことになるけど
ただのミスリードかもしれないし…
もしくは、高千穂側の監視役がついてるからウソをついてるとか?というかむしろ、
監視もなしに今後はイチジク所長を野に放ったのかよ高千穂はwという感じ出しな。
真子も、少し上の方で、ただ単に自由になりたかったから脱走した?と書いたけど
もしかしたら、イチジク所長に、脱走して、とりあえず自由に遊んでおけと言われてたという考えも?

真子を逃がしたのはわざとなのか偶然なのか、
イチジク所長には真子を従わせるだけのカードがあるのか、それか最初からグルなのか?
高千穂の人が「会った瞬間確実に殺される」と言ってるのは、散々実験を繰り返してただろうから
真子がイチジク所長を良く思ってないだろうという考えだと思うけど、それは本当なのか?
疑えばキリがないな!特に根拠はないけどぼくの予想としては、
真子が逃げたのは計画どおりだけど真子は踊らされただけでその事実は知らず、
所長は真子を従わせる切り札を持ってるのかなぁと。
ハーネストを作れたんだから魔法を封じる何かはすでに作れるわけだし、
それか精神を操る何かが埋め込まれてるとか?
高千穂の関監視役がいるとして、そいつらを退けないといけないかもしれないから後者で。
同じ理由で、次に推すのは最初からグルだった説かなーと。

なんにせよイチジク所長の目的は、真子と一緒に高千穂の管理下から脱することか?と思うけど
その後、どうする気なのか?ただ単に「命の解明」がしただけなら
ずっと高千穂で研究しとけばいいやんと思うけど…他の目的がある?
高千穂の方法では邪念が入りすぎて、学問的な心理にはたどり着けない?
あと気になるのは、イチジク所長も1107番を必要としているのか?


けっきょくいつもどおり、最終的にはなにも分からないから次回に期待するしかない!
待て次号!

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
どうにもカズミちゃん様は大勝利できない運命ェ 
だからギャルゲー化したら真っ先に攻略するよ!

主に寧子と佳奈の因果から【ヴァルキュリア】が一人を示すものではないのでは、とは界隈で言われてた感があり、瑞花(精神体)とカズミの会話から【コードネーム】がAAAランク以上に与えられるのだと明らかになり、そして先頃の真子解放→電撃襲撃のち、カズミの口から寧子もまた【ヴァルキュリア】だったという情報が

戦乙女の名前はSランク全てにかかるのか、寧子と真子のみを指すのか、それとも数少なかろうS含めた魔女の頂点を指すのか……他のSが出てくる場面になるまで判り難し
ただ、真子の「私のこと許してくれた?」という言葉に関わっていそうな第三者、推定故人魔女もまたSランクだったんじゃないかとは。つくづく過去編はよ、などという状況でもないけど未消化伏線は既に山盛り

>無自覚に魔法使い達に14股をかける物語

振り向いたカズミが至近で固まるくらいの銀河美少女/少年が30過ぎ童貞/乙女達を振り回す物語、というイメージが過ぎったのは大体夏の暑さのせい
14という数字は何処から……Sisは12、Babyは19……?

>魔法を封じる何かはすでに作れる
よっしゃ、今こそハーネスト素材製対魔法弾頭が火を噴くぜ! 普通に撃つ前に殺されそうだから、もし使うなら周りに狙撃兵でも潜伏させるかな。魔女探知は人間相手に反応しないし……なんて言ってもまだ幾つも未確定の魔法が残ってるわけで、 つくづく無茶な話に見えるわけで、つまり所長の腹が読めないにも程があるという
  • ALORC
  • URL
  • 2013年07月16日(火)13:27
 
>ALORCさん

ギャルゲー化したら、ぼくはとりあえず選択肢は成り行きで!
ってかいつものエロゲのやり方ですがw

>寧子もまた【ヴァルキュリア】だった
あ、そういえば!言われるまですっかり忘れてました!
ということはヴァルキュリアは2人以上いてもいいのか(元ネタの神話的には複数いるらしい?)、
どっちかがヴァルキュリアの称号を得るはずだった、とかですかね?
そういえば高千穂の大願成就のためにはヴァルキュリアが必要(Sランク魔女とは言わず)って言ってた気がするので、
そのための能力を持ったSランク魔女(強力な破壊の力?)をヴァルキュリアと呼称するということ?
妄想が広がる!

>無自覚に魔法使い達に14股をかける物語
14という数字はシスプリでもベビプリでもなく、
ただ単に源氏物語→源君物語からですw
前回感想で少し触れたので記憶に残ってまして。

>ハーネスト素材製対魔法弾頭
そういうとむしろ、高千穂側が持ってそうな感じなきがしますね!
やるならルーシーを狙ったみたいな感じでしょうか。
未確定の魔法の1つは、監視の魔女を殺せたということから
魔法を打ち消す魔法かなーと思ってましたが、イチジク所長が布陣にわざと穴を開けてたとしたら
そうとは限らないとも思ったり。
むしろイチジク所長がその力を持ってるから真子にも負けないのかもとも思ったり。
そしてけっきょくは所長の目的はなんなんだというところですね!
  • アカネ
  • URL
  • 2013年07月17日(水)00:36
極黒の源君物語 
既に本誌発売日になってからで、
今更のコメントですみません(苦笑)。

>『テクノブレイクヘル』
来たー。アカネさんも触れてくださってニヤリ。
最初から最後まで勢いで振り切った作風が良いですよね(笑)。

>ヴァルキュリア
仰る通り、北欧神話でも複数ですよね。
更に、その数も色々な説があるようですし。

ワーグナーの『ニーベルングの指環』では、9人で、
その中に『ブリュンヒルデ』もいますよね。

>所長の目的
おお! 感想で具体的にそれを予想されたのは流石!
なるほどねぇ……。その線もアリかもしれませんね。
『命の解明』の為に組織に関わって、
組織の技術や科学力「だけ」を持ち帰りたかった
(それ以上関与してやる気は最初から毛頭ない)
と考えれば……。

>所長から見た1107番
ああ、そういう見方もあるか……。
こちらも流石はアカネさん!
視点と視野が柔軟で優れていらっしゃるなあと。
自分は、所長と丸眼鏡の香ばしい会話に、
ツッコミ入れるばっかりの感想でした(笑)。

最後のページの所長の台詞と表情が、
物凄くひっかかるところなんですよね。
どこまでが想定内だったのかなと。
  • 如月
  • URL
  • 2013年07月18日(木)02:47
 
>如月さん
いえいえ、こちらこそなかなかお邪魔できず…
いつでもどうぞ!そもそも更新が遅いのが原因なのでw

>『テクノブレイクヘル』
ああいう、下品でしょうもないシモネタとドタバタギャグが好きなので!

>ヴァルキュリア
全て元ネタの神話に沿ってるとは限らないですが、
もしかしてそうかも?という気はしますよね。
本文に書いたように、個体につくコードネームかもしれない?とも思いますけど。
もしくは、Sクラスの中に、さらにヴァルキュリアという区分があるという可能性も?

>所長から見た1107番
これは(以下次回感想)
視野が柔軟というか、文章の構成力とかがないのでとりあえず思ったことを羅列するスタイルです…
ヴァルキュリア脱走の真相についても一応予想を書いた結果、見事に(以下次回感想)
  • アカネ
  • URL
  • 2013年07月18日(木)21:37

トラックバック

[感想]《最前線の策士/Frontline Strategist》/『極黒のブリュンヒルデ』第65話 

(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)相 対 せ し 時 《伏魔殿/Pandemonium》/岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』第5巻 夕暮れナンセンス ネクサス:今週のヤンジャン『 [続きを読む]

  • ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook
  • 2013年07月16日(火)13:43

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。