スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

「極黒野ブリュンヒルデ」64話感想

今号のヤンジャンは、いろんなマンガでキーとなる展開が多い気がして読み応えがあった!
あとパープル式部も載ってるよ!げにだょ!

そんななか源君物語がびっくりするぐらい全く進んでないかと思いきや
着実に前進してるような気もしてw花田さんとの絡みは今まで以上に長い気が!
このマンガにおけるストーリー展開とはこういうことだと言わんばかりに!
まぁこのマンガのニーズから考えたら正しい選択なのかもしれないけど、
それにしてもここ最近の流れはけっこう思い切った試みだと思う!(含みなしの褒め言葉)


以下、源君物語じゃなくて極黒のブリュンヒルデのネタバレありです。
好きになってさっそく良太の唇を奪った初菜に、騒然とする天文台の魔法使い達と良太!
ってとこまで前回。


前回に続いて超積極的な初菜と、イライラする寧湖子とカズミの図から!
良太も良太で、付き合うことこそ否定してるけど、
それ以外の役得はしっかり甘受してやがるwというか断ることができないんだろうけど。
前回まではかっこよかったのに、こういうときはただの優柔不断なハーレム系主人公だな!

付き合わないと言われた初菜がとった微妙な間は、どういう意味なんだろう?
明らかに寧子のことが好きな良太を見て、内心はけっこうきてるのか
その表情どおりに全く気にしてないのか、他の意図があるのか?
もう少し後のページでも意味深な表情をしてるコマがあるし、
良太に取り入って何か企んでる可能性も?ぱっと連想されるのは鎮死剤絡みだけど…


場面は変わって、立て続けに失態を繰り返したイチジク所長についに上層部からの処罰が。
むしろなんで今までお咎めなしだったんだよと思ってたけど、
組織への功績がとてつもなかったっぽいな。

ヴァルキュリアのことを「ニヴルヘル」への入り口という高千穂勢。
wikipediaによると、、北欧神話の氷の国のことらしい。
これが何を意味しているのかは全く分からないけど、
そヴァルキュリアの強力な力が必要ということか?
今のところの情報だと、ヴァルキュリアの条件は破壊力(膨大な魔法の力?)で
それ以外の特殊な何かが求められてる感じはしないけど、ホントにそうなのか?という疑いも。


乗り物嫌いのせいで海に行けなかった小五郎におみやげを持っていく良太。
へぎそばは新潟の名物らしい。あそこは新潟だったのか。長野には海はないしな。

過去の研究室の仲間の論文から、鎮死剤のヒントを得ようと独自に調査していた小五郎さん。
魔女が溶けるのはタンパク質を分解するプロテアーゼの一種による作用だと推測したらしい。
鎮死剤を一言で言うとプロテアーゼ阻害剤ということでいいのか?
小五郎さんが「作用の面から成分を特定」と言ってるけど、
ハーネストのアレの死体からターゲットとなるプロテアーゼを探し出して、構造を解析して
それに対して効果のあると思われる阻害剤をデザイン、合成、効果のテストをして
あとはトライアンドエラー、って感じか?

化学はかじったことあるけど底辺レベルだし生物系じゃないし、
あんまり研究とかに携わってないから偉そうなことは書けないけど、
ネットで調べて、ある程度確からしい範囲で書くと、とりあえず
まず目的の成分を見つけるのにどれぐらいかかるか分からないけど、
プロテアーゼの構造を決定するのも時間がかかるんじゃないか?
以前、鎮死剤の成分を分析する際に、結晶性の物質ならX線で構造が分かるといっていたけど
タンパク質(プロテアーゼは大概タンパク質)の高次構造決定はまさにこの方法が有名で、
しかしその結晶化、構造解析は大変で、場合によってはノーベル賞レベルの仕事だという記憶が。
(最近は比較的感単になってる?)。
まぁ、そのへんは、件の論文をヒントにして大幅に時間短縮できたとかそんな感じで
細かいことはスルーで、薬できました!で、詳細ななくてもぜんぜん構わないと思うけど。
ぼくだってたまたま自分の知ってる分野じゃなかったらこんなことまできにしてないだろうしw

偉そうにいろいろ書きましたけど、だいたい以下のサイトの受け売りですw
その筋では有名なサイトなので大筋の間違いはないと思います。が、
噛み砕いて書いてある分、本当に知識のある人からしたら
もしかしたら突っ込みどころがあるかもしれないです。
あと、少し前の記事なので、現状はもっと進歩してるかも知れません。
有機化学化学美術館内の記事
プロテアーゼ阻害剤(1)~医薬を設計する~
プロテアーゼ阻害剤(2)~コンピュータによる医薬のデザイン~


鎮死剤を作れる可能性が出てきた…ということはもしかして、
早く薬を作るための被験体として初菜の出番か?
薬が完成して、たとえプロテアーゼ阻害効果はあっても副作用が強いかもしれないし。
培養した細胞とか動物実験なんてやってる時間はないので、いきなり本番の方がそりゃあ早い?


小五郎さんの昔の研究仲間が、イチジク所長だったことが判明!
「抽象的で意味不明な問題」のエピソード自体が抽象的すぎてよく分からないんだがw
とりあえずイチジク所長は小五郎も一目置く存在だということは分かった。
あと、この問題を出した教授もかなりやり手ということになる?いつか登場する?

「命の解明」が、大学時代のイチジク所長の目的だったらしい。
そのために自ら望んでヴィンガルフ入りしたのか、
土屋さんみたいに素性を調べられて、ボッチ認定されたからスカウトされたのか!
人間性が欠如してたらしいしな。今までの様子を見てたら、わりと納得だなw

ということはイチジク所長の今までの行動は、高千穂の意図とは別に、自身の目的のために
動いてたという可能性が高いよな…これだけ天才アピールしてるんだから、
数々の失敗も計算のうちということか。
なんにせよ、根底にあるのが単なる知的好奇心となると、むしろ厄介な気がするw

ちなみにwikipediaによると、果物のイチジクにはプロテアーゼが豊富らしい。
酢豚にパイナプルを入れると肉が柔らかくなるのも
プロテアーゼが肉のタンパク質を分解するからだそう。
あと聖書のアダムとイブの話にもイチジクの葉が登場するらしく、
まさにイチジク所長が禁断の知恵の木の実に手を付けようとしている状況を示唆していて
おお、いろいろ考えた名前だったんだなーと。


サブタイトルどおり、まさに「点と点」が繋がり始めた今回。
次回予告によると「次号、九の次なる一手は!?」らしい。
とりあえず高千穂から自分の身を守るのが優先なんじゃないのか?
私設の魔女軍団とか出てくる?待て次号!

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
BABELBABELBABEL/APTX4869 
単に当方の蓄積が浅いだけかもしれないけれど、「天才」「研究室」「宇宙人」「神」とか、あれこれにゆうきまさみっぽい臭を感じてしまうこの頃。SFとは未来に生きてるのか、それとも過去に生きているのか……科学は発祥を探究し可能性を追求するものなんか
てなわけで(どういうわけだ)今此処で物理的に首が飛んでも「問題ない」と考えていたら一番怖い

あるいは次手は「既に打たれている」⇒示し合わせ「計画通り」とヴァルキュリア真子さんがカチコミをかけにくるか、自前の魔女部隊が反旗を翻す……今こそキカコクローン砲撃部隊……は威力過剰で救出作戦にも向かないかな
実際の所、ヴィンガルフと上部組織高千穂が混乱してくれればする程に良太達にとっては現状都合が良い。状況の根本的核心情報に触れる機会が手の届かない所で喪われる可能性は高いが、元から接触機会が無いと思えば痛くなく、鎮死剤の手がかりらしきものが漸くという時期に襲撃とか勘弁してほしいもので

なんて言ってたらそれはそれで世界規模でやばい可能性もあるのだけど。不鮮明なドラシル孵卵のことであり、反物質大爆発の揉み消しが不可能だって話の上に組織が瓦解とか、脱走魔女と目撃者にすれば厄介の極みだけれど一応人間社会に混乱を起こさせないように振舞ってはいるし……? それこそ無秩序に荒廃し、例のビジョンへと? いや真子か寧子フルパワーのどっちかだけでも充分ああなりそうだけども。散文徒然

天文台が存分に命短しラブコメってる反面、若干振りの研究所パートは妄想想像の種がががが。急転の前段階なのに、実に強烈なるかな極黒クオリティ
  • ALORC
  • URL
  • 2013年07月09日(火)01:22
源君物語はなぁ…… 
絵柄はともかく、話の展開が遅すぎて、
まどろっこしい事この上ないと辟易していた
のだけども、あれ??これって花田さんと
くっついたら、主人公、別段、14股なんて
掛ける必要無くね??という物語として致命的に
アレな状況になってるような気もする。まさか、
ここから女体の神秘に目ざめてしまい、14股
バッチコーイ!な超肉食系になるのか、主人公?w

普通に花田さんに刺されても文句を言えないと
いうか、あそこまで良い子すぎるとさすがにちょっと
あり得ないというか、つまりはウザ可愛い発情豚
レベルにまで欠点が見えてこないとなんかこう
理想的すぎるがゆえに鼻につくというかなぁ、
絵柄は嫌いじゃないだけにイロイロと惜しい。

まぁ、WxYでもネタにされていたとおり、今回も
寸止めで引っ張るのが一番妥当な感じだと
思うけど、それはそれで、あそこまで手を出して
置いて一線を超えないとはなんたるイ☓ポ野郎だ
と思わなくもないわけであり、いっそ良太ばりに
突き抜けて鈍感野郎だったらなぁと、何の話
でしたっけな、これ(混乱

そうそう、極黒の話だ、極黒の話!!

>初菜の表情が一瞬、意味深~
あれは普通に考えて、良太に拒絶されたことの
ショックなんだろうなぁ。一瞬、固まるけど、即座に
笑顔で受け流して、傷口の話しにすり替える辺りに
うわぁ、初菜の話術すげぇwwとか思ってしまう
のですが。マイペース+小悪魔系の破壊的な
誘惑力に、さすがの鈍感主人公も意識せざるを
得なくなってる模様。波乱含みじゃのうw

初菜の役どころが、鎮死剤の試作品の
実験体……仮にそうだとしても、良太は
止めそうだなぁ。むしろ、構造解析うんぬんは
すっとばして、いきなり薬が出来るとか普通に
あり得る予感が。それも全ては、イチジク論文の
お陰なのです、ありがたし、ありがたし、とw

さて、イチジク所長はどこまでが計算通りで、
良太たちとどこまで利害を一致する部分が
あるかだなぁ。いずれは敵対しそうだけど、
しばらく敵が内部分裂してゴタゴタしてくれた
方が都合が良いわけで……w

>イチジクネーミング
僕も調べていて、ほぉ、と思ったポイント。
なんと、聖書のアダムとイブの葉っぱの
イチジクの葉だったのかwとなると、やっぱり
所長の狙いは『自分の手による究極の生命体
の創造』とか、その辺のラインで合ってるのかもw

それにしても、ニヴルヘルが謎すぎるw
何かの比喩なのか、それとも、本当に
氷の国なり、死者の国への入り口を
ヴァルキュリアが作り出すことができるのかw

死の女神ってくらいだから、ヴァルキュリアが
殺戮を繰り返すことで、何らかの入り口が
出現するゲートを開くための、エネルギーを
溜めているとか??サッパリわからんなぁw

>抽象的すぎて意味不明な化学の課題
とりあえず、コレ系の問題なのかなぁ、と。

NEVERまとめ
入社試験・面接試験の奇問難問をまとめてみた
http://matome.naver.jp/odai/2129603167557379501

化学の分野に限ると、もっとワケワカラン話しに
なるのだろうが。たぶん、作者も具体例を
書けなかった予感が(ry

パープル式部の安定感は最高 
げにだょ!!

と言う訳で、代原枠あるところに(なくても)、パープル式部参上。
式部が来たら、アカネさんの感想も参上!(違?)

>載ってるよ!
コミックス化まで、支援の手を休めずに応援を続けます。
アカネさんが触れてくださって嬉しいです。ずっ友だょ!!

>源君物語
犬良さんとほぼ同感です。
これと、パパ聞きがそうなのですが
(さいぷーは4コマギャグなので、まあ良いとして)、
あの進みそうで進まない何だかな感、
焦らし感で好みが分かれるかなと。

それに加えて、やおいみたいになると、
ちょっと、もどかしいのも本音ですね。

うまるちゃんみたいに、「正体がバレないから日常が続けられる」ような、
そういう設定の妙味はわかるのですけれどね。

源君は、どうもページ数の都合もあってか、
遅すぎてまどろっこしいですね。
いっそのこと月イチ連載か、移籍でも良いかと思ったりします。
そのスキマにパープル式部ダイブインで!

閑話休題。

ああ、しまった。
人様のブログで、ついつい脱線して、すみません。

>所長が今までお咎めなしだった理由
ああ、なるほど。それ以外ないでしょうね。
となると、彼も文字通り、それなりに『手を染めてきた』訳で……。

ヴァルキュリアが内通者でない場合でも、
もう一つ、二つ、何か安全策を用意してそうですよね。

>阪井研究室
この名前は記憶しておく必要がありますね。

土屋くんの初登場時も、今にして思えば、
重大な描写だったのだなあと改めて思います。

イチジク所長の場合は、選出されたとしても、
自分から志願したとしても不自然ではないですね。
彼の命題からして、後者の方がそれらしいかもですね。

>自身の目的の為に
そう思いますね。
組織から失態を問い詰められた今では、
もう組織に用はないのでしょうね(お互いに)。
こうなることがわかっていながら、独断でヴァルキュリアを解き放ったりした訳ですし、
彼による、彼の為の、彼だけの計画があると思いますね。

それこそ、命の解明に繋がる何かが。

ハーネストの件や、ソーサリアンなど、ここで繋がってくるのでしょうね。
  • 如月
  • URL
  • 2013年07月10日(水)02:22
 
>ALORCさん

そういえば今作中で現時点で未来を見てるといえるのは高千穂ぐらいな気がしますね…

>次手
次回を見ると、どうやらイチジク所長や真子さんは(以下次回)

>一応人間社会に混乱を起こさせないように
まだ準備が整ってないから穏便に済ませたいという気はしますけど、
あのヴィジョンが高千穂の願いが叶った姿なのかイチジクさんの計画なのか
寧子や真子が暴走した結果なのかそれ以外なのか?
というところも気になりますね!

>天文台がラブコメってる反面
今のところ、別々に話が進んでるように見えるんですけど
どうなるんですかね。小鳥捕獲に動き出すならすぐにでもまた危機が訪れそうですが。
  • アカネ
  • URL
  • 2013年07月15日(月)22:08
 
>或 犬良さん

次号で大きくうご…いたようなぜんぜんそうでもないような!
なんだかんだで円満な形か、もしくは朝日ぐらいの軽い嫌われ方で
けっきょくはくっつかないんでしょうけど。

>初菜の表情
じつはショックだった説が有力ですかね。前回感想でもちょっと触れましたけど、
個人的には、辛い想いを表に出さないのはキャラ的には好みですけど!
そういうキャラ付けなら、黙って実験台になるとかあるかも?という程度です。

>イチジク所長はどこまでが計算通り?
次回を見る限り(以下略

>抽象的すぎて意味不明な化学の課題
何かの複線かと疑いましたが、なるほど、こういう奇問難問みたいなことをやろうとして
良い具体例を書けなかっただけの可能性もありますねw
  • アカネ
  • URL
  • 2013年07月15日(月)22:28
 
>如月さん

パープル式部は、最初の1,2コマに来る謎の広告とかネットのバナーとかが一番好きです!げにだよ!

>源君物語
エロメインの作風だから、あれで正解の可能性もありますしね。
もし月イチになっても同じペースを貫いていたならもう平伏するしかないですけどねw

>所長が今までお咎めなしだった理由
魔女の開発やソーサリアン(宇宙人)の再生はイチジク所長がいなかったら全く進んでなかったとか
そんな感じなんでしょうきっと。

>阪井研究室
イチジク所長と小五郎が入ってた時点で、それだけすごい研究室だったんでしょうけど
阪井先生は今後登場するのか否か!?

>自身の目的の為に
ぼくも、お互いに用がないのかなと思ってたら(以下次回感想
  • アカネ
  • URL
  • 2013年07月15日(月)22:43

トラックバック

[感想]《生命維持コード/Umbilicus》/『極黒のブリュンヒルデ』第64話 

(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)点 と 点 と を 繋 ぐ 線 《伏魔殿/Pandemonium》/岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』第5巻 黒のノエル。 底知れぬ深淵。 極黒の [続きを読む]

  • ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook
  • 2013年07月09日(火)00:17
先週のヤンジャン『極黒のブリュンヒルデ』第64話『点と点』感想 

 うーむ。久々に週をまたいだ更新になってしまったか(滝汗)。 いやぁ、度重なる夜勤で疲労が溜まりまくりだったのと、猛暑で作業する気が 起きんかったので、ズルズルと先延ば ... [続きを読む]

  • 夕暮れナンセンス ネクサス
  • 2013年07月09日(火)20:43

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。