スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

「極黒のブリュンヒルデ」59話感想

やっとネットが繋がりました。
少し環境が変わりまして、時間的余裕ができそうな気がするので
極黒感想以外にもちょこちょこ手をつけていきたいな

と思ったら5/23は真女神転生Ⅳの発売日でした!
まだ買ってないですけど、そっちに時間を食われる可能性が高いですw
6月には世界樹の迷宮の新作も出るし…


以下ネタバレありです
ヘクセンヤクトとの通話に踏み切るも、魔女を殺せと言われて通信を切る良太。
一方、イチジク所長の独断でついにヴァルキュリアが出動。
しかしあっさり監視役の魔女を殺して自由の身に!ってとこまで前回。


前回のラストに続き、監視の魔女たちを皆殺しにしたヴァルキュリアの図から。
殺した監視役から鎮死剤を奪って、次は寧子と一緒に脱走した連中の鎮死剤を奪いに行く模様。
「寧子と一緒に脱走した連中を殺せば」ってことは、寧子を殺す気はないとも読めるよな…
両方とも殺す気のようにも読めるけど。

ヴァルキュリアといえど、普通の魔女と同様に鎮死剤が必要らしい。
当面の鎮死剤は手に入れたものの、ハーネスト、ビーコンはどうなってるのか?ついてるのか?
自由の身になったはいいけど、ビーコントがあれば遠隔操作でイジェクトれされてしまうし…
ヴァルキュリアは高千穂たちにとって必要な存在だから、それはないとタカをくくってる?
鎮死剤だって、いくら集めたって限界があるけど、なくなったら戻ればいいぐらいの気持ちなのか?
この性格からして軽いノリだけで行動しそうだからありえそうだけどw
それか、別に死んでもいいから気にせず楽しみたいとか?


場面は変わって天文台。将棋で時間をつぶしてるところに良太が帰宅。家じゃないけど。
魔法使いたちもヘクセンヤクトにはそれほど期待してなかった様子で、
むしろ盛り上がった話題は茜さんのこととヴァルキュリアのこと。

茜さんの本来の意図はどうなんだろう?
良太の想像どおり、最初から魔女全員をのたれ死にさせるつもりだったのか?
だとしたら、魔女の搬送車を事故らせて、そのドサクサで逃げ出して
自分で受精卵を持ってヘクセンヤクトの元へ行くつもりだったけど、
自分も事故で負傷してしまい、仕方なく寧子に受精卵と端末を託して、
こんなこともあろうかと包みの中には、誰かに託した時のために手紙を仕込んでおいた…?

最後の一行が不自然というか変だよな…
受精卵と端末は最初から託すつもりだったと考えるほうが自然だと思うけど。
ただ、「魔女を全員殺せ」というヘクセンヤクトに繋がる端末を魔法使いに渡すなんて
追い詰められた状況での苦肉の策以外には考えられないという気もするしなぁ…

事故に巻き込まれて死にそうだったこと意外で、すでに追い詰められていたとか?
もしかしたら、すでに高千穂に自分の正体がバレかけてて、いつ消されてもおかしくない状況で、
事故に巻き込まれて死んだんじゃなくて、殺されそうだったから苦肉の策で事故を起こした?
他の魔法使いたちはともかく、世界を破滅から救う希望を寧子に見出してたようだし
わざとのたれ死にさせようとして事故を起こしたというのは違う気がするような。

事故を起こしたのは、自分が狙われてることを察知して事前に計画してたのか
搬送車の中で殺されそうになったから急遽事故を起こしたのか分からないけど、後者だとしても
自分が狙われてることを知ってたから、事前に念のため包みの中に
受精卵を託す旨の手紙を入れてたとも不自然じゃないと考えられるな。
…とすると、上述の「こんなこともあろうかと…」が成立しても不自然とはいえなくなって
良太の予想でも変じゃない気がしてきて、けっきょくのところどうなのか分からなくなったw

なんにせよとにかく、茜さんの真意は、高千穂側でもなくヘクセンヤクト側でもなく
良太らの目指すべき道に近いような感じがするんだけどどうなんだろうか?
逆に、寧子に使命を課すようなことも言ってるし、茨の道を歩ませようとしてるという取り方も…
「これから先、きさまに地獄を見せる男だ!!」的な。女性だけど。
1話冒頭の残酷な結末に導く可能性だってあるし、
むしろあれが茜さんの望んだ世界という可能性だってあるけど、
今のところ、茜さんは良い人というか、みんなの平和な日常を守りたい的なイメージだけど。


ヴァルキュリアが動き出したと聞いて驚愕する魔法使いたち。
どうやら8つの魔法を持つハイブリッドらしい。
今のところ、ヴァルキュリアは他の魔女と根本的に異なる存在と言うわけじゃなくて
基本的には同じ存在で、ただ能力がハンパではないということみたい。
高千穂の大願を成就するためにはヴァルキュリアが必要らしいけど、
それは後述みたいな圧倒的な破壊の力が必要ということなのか、
まだ明かされてない魔法の中に、世界を変えるような特殊な能力があるのか?
ぼくは後者じゃないかと思うけど。
ヴァルキュリアという存在そのものは他の魔女と大差ないみたいなので、
その能力に特殊なものがあるんじゃないかなぁと思うんだけど、どうなんだろう?
攻撃とか防御とかそんなんじゃなくてもっと世の中を根底から変えるような。
高千穂の目的が謎な以上、何も分からないけど。


ヴァルキュリアが自由の身になったことをとがめられるイチジク所長。
8個の魔法に対する対策は講じてたけど知らない間に9個目と10個目の魔法が発言してました、とか
ホントに知らなかったのかウソなのか計算どおりなのか分からないけど、しれっとしすぎだろうwww
詠み切りの「六法です」を彷彿させる言い訳する気のなさ!!
ゼーレっぽいメガネの人も怒るとかじゃなく、「……」以外に反応のしようがないわなwwwwww
もうコントにしか見えなくて笑った!
これはイチジク所長が暗躍してることに気づいてるだろさすがに。

新たな能力とはなんなんだろうな。
「人類を何度も滅ぼせるほどの魔法」を持っていると以前に言われていたから、
今回の反物質みたいな能力は以前から知られてたと考えると
監視の魔女7人はそれぞれ相当な防御力を誇るんだろうなと、
むしろそれぞれ物理無効とか精神無効(アトラス脳)とか完璧な盾ぐらいかなという気はする。
となると、新技は魔法を打ち消す魔法、あたりかなぁと妄想。
まぁ、魔法の数とか監視の数とか、今回の山を吹っ飛ばしたりなんかは
ただ単にヴァルキュリアの途方もない魔法力を現すためのものであって
ヴァルキュリアの能力が全て明らかになる必要はないのかもしれないけど。


自由になったヴァルキュリア。風景を楽しんでるところに偶然やってきたリア充を爆発させる!
いいぞもっとやれまったく容赦ない、というか佳奈の言うように
命を軽く扱う、無邪気で自己中心な子供という感じで、
ドキドキプリキュアで最近出てきたレジーナが思い浮かぶな。容姿も若干似てるし
で、今度は機動隊が現れ、反物質でを生成して山ごと吹っ飛ばした!
もう力のインフレとかそんな問題じゃあないwってか現時点で作中最強のキャラなんだから
インフレとか関係なくて、ちょっとした作戦なんかでは勝てないという印象を与えるのが
目的なのかもしれないな。これ以上の能力者は、少なくとも当分は現れないだろうし。
そんな無粋なことを考えつつも、なんかすげーやつが出てきた!っていうワクワク感はすいごいあるな!


場面は天文台に戻って、ヴァルキュリアは魔法使いの探知能力があるから
すぐ居場所がバレる、とか言ってるそばからヴァルキュリア襲来!どうなる!?
まともに戦って勝てる気がしないし、
小鳥の転位+ハングアップ作戦は、心の隙をつけば可能性あるかもしれないけど
それだとまたかよという気がする。
Bクラス以下に混じったAクラス以上の魔法使いがついに動くか?
現状だと寧子か佳奈、断定する根拠はないけど個人的には佳奈かなと思ってる。
寧子はどっちかというと、もっと特別な何か、という印象なので。
ただヴァルキュリアと寧子は似てるし、じつは同じ力を秘めてるという可能性もあるか…
最終的に2人が融合してヴァルキュリアの力を得た寧子が
1話冒頭の事態を…とか妄想してしまうところ。
小鳥もグラーネを保持している存在だし、何か隠された力が発言するとかもあるかも…?

壮絶なバトルが始まるのも面白そうだけど、どっちかというと
他の方向に行く可能性の方が高いかなぁという気が。
寧子を慕ってる節がるから、子供っぽいヴァルキュリアをうまく乗せて戦闘を回避するか?
あと、寧子、クロネコと遺伝子レベルで関係性がある可能性があるので(もしくはクロネコ自身とか)
良太に対してなんらかの反応を示して危機を回避できる可能性も?
なんとか事態を打開しても、そんなことしてる間にヴァルキュリアを狩りに来たヘクセンヤクトとか
高千穂の連中もやってきて天文台が大変なことになるのも時間の問題な気がする。
とにかく待て次号!

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
メギドラオンでございます 
ハーネスト素材で【貫通】付与武器が作れないかな……「ジャバウォックの爪」的扱いで
あと「六法です」は珠玉

>端末
今まで何度も女史に疑念を呈したこれ。ここまで来ると受精卵と同じ封筒に入ってただけで、自分が両方持ち出すつもりだったけど寧子に託さざるを得なくなり分ける余裕もなく一緒に渡しただけではないかと大雑把に

端末から魔女狩りに繋がる条件は

・寧子に信頼され預かった人間が
・「魔女を」と書いてある端末の地図を信じ
・軽井沢の教会が襲撃される前に地図の場所へ
・or 襲撃後、壁文字の血のラインに気づいて
・その文脈を理解し「ジークフリート」と入力
※チャンスは2回でラストは制限時間一分

この条件を満たすのは良太でさえ単独では不可能だった……そもそも前提として鎮死剤奪取を成功させてないといけない。普通は絶対無理

……ってあれ? おかしい。仮に寧子に未来を託したとして、寧子普通だったら薬切れで死んでて、魔女狩りもそう企図して女史に事故らせたはず。もし女史が魔女狩りとも違う意志で世界を救えと言い遺したのなら、彼女を生き残らせる算段も整えてないと投げっぱなしに過ぎる。人命救助にカズミの力を借りた場合の報酬を抜きにしても、延命期間はたかが知れてるし……なんだこの泥縄感

実は電話の女性以外他二名の内「神父」とかが女史と同じ考えだったりしたら……? 乱文失礼
  • ALORC
  • URL
  • 2013年05月28日(火)17:05
 
>ALORCさん

「六法です」はぼくも大好きです!岡本倫節の最たるものの1つというか!

>ハーネスト素材でジャバウォックの爪
以前にその話題が出たときはヘクセンヤクトの存在が明かされてなかったですが、
今そう言われるとヘクセンヤクトが持ってそうな武器ですね…

>端末
今回感想でごちゃごちゃと書いてますが、僕の妄想では
ホントは自分でヘクセンヤクトに渡したいけど、すでに敵に目をつけられてて無理そうなので
仕方なく託した、って感じかなーと。
事故も、茜さんが起こしたとしたら、自分が抜き差しならない状況に陥ってしまったので
寧子がのたれ死んでしまうかもしれないけど、寧子を逃がすand受精卵を研究所から出すために
わずかな希望に賭けて仕方なく事故を起こしたのかなと。
それか、まったく他の意図でもあるのか?と。

>この条件を満たすのは良太でさえ単独では不可能だった
そう言われて考え直してて思ったことなんですが。
以前どこかの考察で、「寧子が良太と出会ったのは偶然ではなく仕組まれたものだ」
という考えを見た気がするんですが、
それがホントだとすると、茜さんの行動は全くの投げっぱなしとは言えなくなる気がします。
それにしても、いくつもの試練に打ち勝たないといけないので
確実な作戦ではないかもしれませんが、
良太なら、一人では無理でも小五郎らの協力で
大概のことは解決できると考えた誰かの計画通りに
今まで事態が動いてるのかもしれない?と。
イチジク所長や高千穂のメガネが良太の親、もしくは良太自身という説もありますし、
良太の母親も関係者かもしれないですし、茜さんも良太を知ってるかもしれないですし
10年前から良太も目をつけられてる可能性がありますし
ライトワンスも与えられた能力かもしれないですしおすし

…と考えると、佳奈(最悪カズミも?)はその協力者の可能性がでてきますが…
良太の元に来たきっかけを作る役として。

影で展開を操ってる新キャラとして神父が登場する!?と妄想が広がりまくりますが、
けっきょくはいつもどおりわけが分かりませんw
  • アカネ
  • URL
  • 2013年05月28日(火)21:27
フタリはブリュンヒルデ 
ネット復帰おめでとうございます!

そして、おかえりなさいませ! バンザーイ!

>茜さんの真意
上でALORCさんが丁寧に纏めてくださっていますけれど、
自分は上手く纏まらないというか、
物凄い誤解をしているような気さえ……。

ただ、やっぱり「彼女たちに未来を託したかった」
という考えが個人的にはしっくりきますね
(心情的な理由からも)。

>融合
なるほど、フタリはヒトヒトリフタリ!
じゃなくて(笑)、融合説は実に興味深いですね。

今、ふと思いましたが、
逆に、もともとヒトリだったのが、フタリになったと考えてみると、
なんてのも思いついたりしました。

>他の方向
確かに。
真正面からのバトルだと……。
到底勝てる気がしませんものね(笑)。

どこまで話が通じるか(聞いてくれるか)、
要求を飲んでくれるか気になりますね。

追伸:『真・女神転生』お好きですか!
最新作は古参ファンには堪らない難易度らしく、
プレイしたいですが、本体の方が……(苦笑)。

プレイ日記や感想などの記事も、
今後あるようなら拝読しますね♪
  • 如月
  • URL
  • 2013年05月29日(水)01:18
 
>如月さん

遅くなりましてすいません…そしてありがとうございます!
アトラス作品は真Ⅲ以降しかやってない新参なので
間に発売した派生作品とか世界樹の迷宮なんかはやってますが
正当なナンバリングタイトルとしては2本目で、
あのやりがいのある感じがたまらないです!
感想は書きたいと思ってます!というか他にも感想書きたいものが
いろいろあるんですがこのありさまです…
如月さんを見習いたいです!

>茜さんの真意
真相はよく分かりませんけど、「彼女たちに未来を託したかった」 というのが
綺麗におさまる気がしますよね。そういうところは、あんまりドロドロしない作風な気がしますし。

>融合
なるほど…元々はひとつの存在だったのが、魔女の実験の結果で?
引き裂かれた可能性もありますね。 元はクロネコだったとかですかね…
そう言われて、セガサターンの「シルエットミラージュ」というゲームのストーリーを思い出しました。



>他の方向
今週号では(以下略 でしたね!
話を聞いてくれるかどこまで話が通じるか(聞いてくれるか)も、まぁ妥当な線というか。
むしろそれとは別のことで、今後どうなるすごく気になる終わり方でしたが!
  • アカネ
  • URL
  • 2013年06月04日(火)22:07

トラックバック

[感想]《爆発する境界/Exploding Borders》/『極黒のブリュンヒルデ』第59話 

(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)The Jabberwock, with eyes of flame(両の眼を炯々と燃やしたるジャバウォック) 《痛ましい記憶/Painful Memories》/岡本倫『極黒のブリュンヒルデ [続きを読む]

  • ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook
  • 2013年05月28日(火)22:49

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。