スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

「極黒のブリュンヒルデ」51話感想

前回よりはマシだけど少し遅れました…
あんまり時間なくて、他のブログの方々の感想も、50話の巡回すらまだできてないので
明日以降に51話と一緒に見させていただきますというところ…

「僕が天使になった理由」もやってないし、
もう1つバナー貼ってる「向日葵の教会と長い夏休み」ももうすぐ発売するので
それまでには消化したいんだけど、なかなか。

時間ないとか言いつつプリキュアの映画は最速で観て来ましたw
忘れないうちに余裕できたら感想書くかも。


以下ネタバレありです。
自分の予知を確かなものにするため、カズミに取引を持ちかけた瑞花。
そして予知を終えた瑞花は、能力の使いすぎで命が尽きてしまう…
一方カズミは、どうすべきか悩んで…?ってとこまで前回。


天文台に戻って、瑞花のことを良太に話そうとするけど、やっぱり止めるカズミ。
その後、小鳥に聞きたいことと試したいことがあるという良太。めちゃめちゃにやけた顔でw
瑞花の能力の正体はほぼ言当ててたし、佳奈の予知の変化から
敵のターゲットはカズミではなく小鳥だと気づいててもおかしくないし
それらのことから、瑞花がカズミに接触してくると予想してて、
カズミの素振りから、思い通りだったことを察して「計画通り」的な笑顔なのかな?
そういう笑顔は小五郎とかの芸だよな!
…もしそうだとしたら、最終的には助けるつもりにしても
今のカズミの気持ちを考えたらにやけてる場合じゃあないんじゃねーのという気もするけどな!
それこそ小五郎みたいなマッドなキャラならともかく。血は争えないということかw


けっきょく良太には相談せずに、一人でどうすべきか考えるカズミ。
たしかに最近のカズミは、良太に依存しすぎて不安定というか
死んでもいいから一緒に居たいとか、これが恋というものなのか…という感じだったけど
今回のは、どっちかってと生き残るために自分を正当化してるような印象だなぁ。
極黒のヒロインではこういう、単純にキャラ萌え的な意味では
マイナスに捕らえられてもおかしくないような演出は初めて?
いや、カズミも被害者の一人なんだけど。
それにしても、今回のラストの展開まで堕ちていく過程の一段階としてはものすごい面白い場面!
自分が生き残るためには、他人を犠牲にすることも仕方ないと言い聞かせて
悪い言い方をすると、自分のためなら他人を犠牲にしてもかまわない、というような
前回のラストの純粋な感情に、冷静に考える時間を経て魔が差し始めた感じで
そこにさらに嫉妬という追い討ちが加わって、最終的には真っ黒になってしまうまでの流れが!!
そしてキャラ萌え的にはマイナスと書いたけど、ここまで病むと、
むしろ他の属性がついてくるんじゃないかと思えるぐらい!
ぼくとしては、キャラに愛着がないわけではもちろんないので、胸が痛い部分もあるけど
キャラをストーリーの一部として捕らえてる部分も大きいので
こんなカズミを見るのが辛いと同時に、まさかこうきたか!この先どうなる!?という感じです。


小鳥の封筒をこっそり空けて、小屋から出ないように細工するカズミ。
元々の良太からの指示、「カーテンを前回にしろ」は
小屋の外から中が丸見えになるようにするっていう意味?もしくは逆?
前回、瑞花はカーテンの脇から小屋を覗いてた。
小屋の中にはなんらかの秘密があって、じっくり見られるとこまるので
カーテンを開けてることで、小屋の中をよく確認しないよう仕向けた?
と読者目線では思うけど、さすがに良太が推理だけでそこまでやるのは方法が不確実すぎるか…
前々回の瑞花の予知ではカーテンが閉まってて
前回の、瑞花の干渉後の湯落ちではカーテンが開いてるのはこのせい?
このへん、個人的には前々回と前回感想で書いたような意味で少し疑問に思うところもあるけど
同時に書いたように、そういうものとしてすぐ受け入れられる程度のものですw


翌日、夜中にカズミが死ななくなった予知を見たという佳奈。
夜中に目を開けたのは、単に予知を見たからなのか
寝たふりをしててカズミの行動に気づいてるのか?個人的には後者な気がする。
ぼくは予知能力に関する定義を間違ってる可能性が高いので(前回前々回感想参照)、
あんまり声を大きくしては言いにくいけど、個人的には、佳奈の発言はウソじゃないかなーと。
むしろ、もっと前に死なない予知を見てたんじゃないかなーと。
瑞花の予知のとおりに進んでるよう見せかけるため、良太の指示があったのかもしれない?
良太と佳奈なら、そういう密談があっても不思議じゃない感じがするし。
ただ、上記と同じく、良太にそこまで確信できるだけの情報があるか?ということと
さらにカズミを追い詰めるような策を…という気はするものの。


良太と寧子の会話を聞いて、完全に暗黒面に墜ちてしまうカズミ…
寧子の敵をやっつけるポーズがwウルトラマンっぽいというか待気構っぽいというかw
一度は、さすがに寧子を罠にはめることまではできなかったけど
1回やっちゃうと低い方に流れてしまうのが人間というか…


けっきょく寧子の封筒にも手をつけてしまったカズミ。
このままだと、小鳥と寧子が犠牲になってしまう?けど
良太は何か企んでるのは間違いないっぽい。
元々の寧子への指示も気になるし、あと個人的には
佳奈はもう1つ予知を見てて、それに対して良太が手を打ってるように思うんだけど…
(前回前々回感想参照)。具体的には全然分からないけど!

あと、全員助かったにせよ、ここまでやってしまったカズミへのフォローだよな!
現時点では、良太がカズミをいいように利用してるんじゃないか説で妄想してるので
良太にそんなつもりがなくても、いろいろともめそうだよなぁ…
そのへんを綺麗さっぱり解消する漫画的に都合のいい展開としては、
最終的にカズミが改心しつつ罪滅ぼしとばかりにみんなを守って死亡退場、というのもあるけど…
でも、特に根拠は無いけどなんとなくカズミは生きそうな気がするので
命の心配だけはあんまりしてません。解決しても、もしかしたら遺恨が残るかもしれないけど、
生きてりゃあ何とかなるんじゃないんですかね!


次回は休載なので待て再来週!もう来週だけど!

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
「神を滅ぼす」組織に対抗する「新世界の神」……はっ!? 
てっきり「神」とは「かつて在り、未来に復活する」類か将来襲い来る危機的なものを想定してたが……只人の中から、あるいは誰か魔女が神に「成る」未来から遡って、高千穂ヴィンガルフはその阻止に動いてたり? 小鳥がフィーチャーされたり瑞花のこともあり時間関係が妄想候補浮上した次第。むしろ鉄腕バーディー第二部まんまか

他方、血は争えない……「今」はそう思えるけれど
実は御母堂と良太の血が繋がってなかったら(ARMS思考)小五郎とも繋がってないよなと埒も無い事を思う。まあ朱に交わって赤というか、「生涯で最も心を痛めた自慢の息子」というか……今まで魔女各々の前歴とか研究所過去編とか回想はよと思ったものだが、クロネコを失う以前ないし以後の村上良太(結花の縁も含め)とかも新たに加えたいところ

状況的にルーシーがコウタの家族をやっちまったのに近いが、はたしてカズミの裏切り、は確かに初めてかも。結果的に良くなかったり意図せず他人を傷つけたりは無くもなかったけど……この「新」なる「Sin」を岡本倫のドSが何処に持っていくか……良太の策のS(深)度次第? あと佳奈さん、もし見てたならお手柔らかにお願いします()
  • ALORC
  • URL
  • 2013年03月19日(火)01:38
結構、あのニヤニヤは計画通り、と見る人が多いようで 
僕ぁ、てっきり、犬と入れ替わる実験で小鳥の
首輪姿を妄想してニヤニヤかと!!(←変態w

いやぁ、改めて自分の視野が他との逸脱激しいのを
実感する一幕でありました。アレが計画通り!なら
良太もそうとうアレだなぁw僕ぁ、良太はソッチ側に
冷徹になれない人のような気もするので、なんとも
言えないのですがw

>カズミが堕ちるまでの流れ~
見てて爽快ではないし、後味は悪いのですが、
心情の変化していく様子と人の弱さを描くって
意味では実に気合いの入った心理描写だなぁと。

僕ぁ、カズミの弱さを安易に非難する気も
起きなかったし、まぁ、一人で秘密を抱え込めば
こうもなるよなぁと思ったが……一番の問題は
策うんぬんよりも、裏切ったという事実が、カズミの
中で悪い方向に行きそうな予感がなぁ。

それこそ、土壇場で贖罪のために動いて
死亡退場なんて、まさに誰もが思いつくこと
なんで。これは三角関係周りをより掘り下げる
意味での、かる~いジャブなんだろうと思う!
如何せん、岡本倫作品を読み慣れてない人に
とっては、強烈なボディーブローの予感もするんだがw

>佳奈はカズミの裏切りに気付いているのか?
ここも結構、感想界隈では捉え方にばらつきが
あるポイントですねぇ。僕ぁ、単純に予知のビジョン
変化のシーンだけで、カズミの裏切りに気付いては
居ないと取りましたが……良太の指示で、
カズミに間違った予知の結果を教えている可能性
というのも、たしかにあるような気もしますねぇ。

しかし、それだと、良太がよほどすべての
状況をはなっから見抜いている前提で策を
考えていることになり……そこまで見抜いている
良太が、そもそも、小鳥とカズミをどんべぇに
配置するという見え見えの釣り配置をする
のかなぁ??という疑問も。

カズミが裏切るという確証はないまでも、
瑞花が直接、封筒に細工するくらいの前提で
動いている可能性はあると思うんだが、ふーむ。
 
>ALORCさん
どうも、遅れましてすいません…生きてます。

「神」が何を指すのかは確かに気になるところですね。
紆余曲折あって最終的に良太が新世界の神になる可能性すら?

>実は御母堂と良太の血が繋がってなかったら
そもそもホントの子供じゃない、もしくは本物はダムで死んでて、今の良太は元々の良太じゃない説もありますしね…

>状況的にルーシーがコウタの家族をやっちまったのに近い
たしかに!ただ、ルーシーはまさにヤンデレという感じでしたけど
カズミの方が生々しいというか黒い感じで描かれてえぐい印象です…
もし良太や佳奈が全て分かった上で行動してるなら、許す準備もあるでしょうけど
たとえそうだとしてもカズミ本人はどう思うかが心配です。
  • アカネ
  • URL
  • 2013年03月24日(日)03:03
 
>或 犬良さん
同じく遅れまして…

>小鳥の首輪姿を妄想してニヤニヤ
むしろその発想は無かったですw
良太がそこまで冷徹とは思わないですけど、他に思いつかなかったので!
それも含めて、解決後にカズミが生きてたときはひと悶着あるかもなぁという妄想補完です。

>カズミが堕ちるまでの流れ~
これはホント良い描き方でしたね!
ぼくも別にカズミを嫌いになったとかではぜんぜんないですが、
良い行いとは決して言えなくて、けっきょくは自分自身を苦しめることになりそうですよね…
それに加えて、もし良太がカズミの行動を予想した上で黙ってたとしたらもう泥沼というか…
「騙して、辛い想いをさせても生き残って欲しかった」で
はたして綺麗に終わらせることができるのか?という。
個人的には、三角関係はあんまり意識してなくて、良太とカズミの問題というイメージです。
寧子はあくまでカズミを揺さぶる要素で、良太がカズミを受け入れない理由の1つというか。
それを三角関係というのかも知れないですけど、直接関係ないイメージですw

>佳奈はカズミの裏切りに気付いているのか?
ぼくは、良太はかなりいろんなことを確信して(もしくは不確定要素が絡まないようにして)
策を貼ってるんじゃないかと思ってるのでこういう予想になりました。
ただ、感想中でも予防線というか言い訳として書いてることと重複しますけど
良太が現状、そこまで確信をもてるほどの情報を得ているかなぁ?というのは疑問ですね。
まだ読者には明かされてない情報を持ってるんじゃないかと思うんですけど、
そう考えると、佳奈のさらなる予知かなぁと。

>見え見えの釣り配置
できるだけ本来の予知に近い形にすることで瑞花を騙しつつ罠を張ってるのかな?と。
あんまりやりすぎて良太の周りまで探られると、全てバレてしまうかもしれないですし。
ぼくはどっちかというと封筒を渡した後か今回序盤の後に決定的な策を打った気がします。
けっきょく具体的なことな何一つ思いついてないんですがw
  • アカネ
  • URL
  • 2013年03月24日(日)04:19

トラックバック

[感想]《堕落した良心/Corrupted Conscience》/『極黒のブリュンヒルデ』第51話 

(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)―――毒に、呪われ。魔が差し、禍つ、歪む想い。 《痛ましい記憶/Painful Memories》/岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』第4巻 黒のノエ [続きを読む]

  • ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook
  • 2013年03月19日(火)01:11

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。