スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

「極黒のブリュンヒルデ」38話感想

じつはまだ3巻を手に入れてませんorz
週末に特典ペーパーのためアニメイトまで行くか…


先週の終わり方がアレだったので、今回どうなるか楽しみに待った1週間。その結果は…

ぼくはツイッターやってないので直接は見てはないものの、
今話に対して、ツイッターで岡本倫先生が屈指の面白話だとつぶやいていたらしんだけど、
現時点で極黒史上最高の回だと思います!


以下ネタバレありです
自分のことを想ってくれる寧子らに心を開いて、
まだ生きていたいと思うようになった奈波。
しかし、事態を把握した研究所の監視員によって遠隔イジェクトされてしまい!?
ってとこまで前回。


もう今回はなんというか…
一時はそれさえ手に入れば死んでもいいと思っていた、
文字どおり死んでも失いたくなかったものを
この先も生きる仲間のために、自ら捨てて死んでいくとか…
どう書き表したらいいのかよく分からないけど…とにかくかっこよかった。

たまに書いてますけど、ぼくはこういうのにすごく弱いです。涙でた。
人知れず自分を犠牲にしている姿にはぐっときます。
感動とか切ないというよりは、すごくやさしくてかっこいい死に様だったと感じてます。

そして、これでよかったんだなぁとも思う。
本編にも書いてあるように、友達の記憶に残ることより
悲しみを残さない方を自ら選んだという。
寧子らも奈波のことを忘れるなんて嫌だろうけど、奈波はそれを選択したという。
どちらが正しいという話ではなくて。


過去話では、カズミがじつはすでに鎮死剤が尽きていたことを黙ってたシーンも大好きで
大きな括りとしては同じ部類に入る演出だと思うけど、
違うのは、今回はものすごく時間をかけて布石の打ってるよなぁ。
見事なまでに思うままに操られた感じがするw悔しいっ!でも(ry
(逆にカズミの件は、一切の複線なしでページめくっていきなり!という衝撃重視っぽかった)
エピソードをいくつも挟んで性格も理解させて、
可愛いところやアホなところを見せて愛着もわかせて、
やっと心の内に秘めた想いを解き放ってささやかな願いを叶えることが出来たところで
それを命と共に自ら放棄させるとか…ものすごく手の込んだやり口だった!
そしてそれだけの効果はあったw


そして驚愕するのは、前回感想へのALORCさんのコメントで
今回の展開を予期するような発言をいただいていたという事実!
ぼくはコメントを読んでも、そこまで頭が回りませんでしたw


記憶を消されたときの寧子以外の態度w特にカズミwwwまぁそういう役割のキャラだわなw
大概の人は読んでる途中にオチを想像したと思うけど、
それでもちょっとぎょっとする発言の数々w
あと奈波が溶ける姿を、顔を手で覆いつつ指の間から目を覗かせる小鳥w

そして本当に記憶の中で行き続けることになった奈波!
最初は、まじでかwwwと思ったけど、最期まで読んだら案外すんなり受け入れられた。
綺麗な終わり方だった!単行本では、章の区切りに当たる部分か。
しかし良太の記憶の容量とは…?忘れることが出来ないから、
記憶量に限度があるということか。良太の脳内の大半は奈波のことが詰まっているというのかw


高千穂や研究所に関する情報を奈波から受け継いだ良太。
良太がどんな情報を得たか分からないし次がどうなるのかは予想つかないけど、
また事態が大きく動く予感!
あと、死ぬ直前の奈波の視界に入ってないから小五郎は記憶を失っていない?
今回、一言も発してないのが逆に不自然だし。
これを期に協力者になるか、好奇心から結果的に敵になるか…?


めちゃくちゃ素晴らしい回だったのに、自分がいかに素晴らしいと感じたかを
かっこよかった(小並感)程度しか書けなかった表現力のなさorz
次回はたぶん新章突入!待て次号!

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
奈波は死んだ、だが確実にそこにいる。
能力が能力だけに退場を余儀なくされたんだろうけど、落とし所としては最高だった。
しかし、これから先、奈波はどのようなタイミングで登場するのだろうか?
もしかして、普通に日常生活出てくるとか……。
そしたら、良太が電波な人認定されるような……。
  • 蔵間マリコ
  • URL
  • 2012年11月23日(金)09:04
 
おもしろい!
  • 山口孝志穂
  • URL
  • 2012年11月23日(金)10:46
「全ては心の中だ。今はそれでいい」 
そうなったら嫌だなあ……良太だけ忘れられないし、しかも小五郎が覚えてないと寿命的にもどうもならん……と思いついただけで掘り下げずに思考停止した案でした。最早なんとかなりやがれ、の一念

その結果がこれだよ……いや後ろ向きに掘り下げても何も変わらなかっただろうけど……ダメージが大きい。奈波の死のみならず、あの場でああ発言するのが妥当としてもカズミ推しにはきつい……先週のがあるから、余計に

でも無かった事にはならない。ならないからこそ消し去られた。そして良太と共にある。それにしても頭が奈波で一杯というのは事実なのに誤解を招く表現ですね……()

日常の中でか、はたまた寝床か夢の中でか……また逢おうっ
  • ALORC
  • URL
  • 2012年11月23日(金)16:11
今回の展開はイロイロと考えさせられる 
奈波が人間関係と友達との距離感を
掴む機会がなかったから、過剰に友達のために
自分の存在を消して、悲しみを消した、とも
取れるけど、考え方としてはアカネさんの意見の
方がしっくりくるかなぁ。いずれにせよ、優しい魔法
でした。能力こそ、残酷で、使い方を間違えると
とんでもないことになる奈波の魔法。彼女が
最後の最期に、能力を逆手にとって、ささやかな
夢を叶え、良太に全てを託したとみれば……
あれ??良太って、ライトワンス(滝汗

イロイロと、モヤモヤっとくるね、今週!!
けども、それを含めた味わいが極黒テイスト!!

>小五郎さんの記憶
今のところ、だいたいどこの考察サイトでも
『小五郎さんの記憶は消えてない』という
線で一致ですな。まぁ、順当に考えて、
わざわざ天文台まで歩いた挙句、魔女の
死を見て良太の言葉を全面信用する切っ掛けに
しないと、なんでワザワザ、視界から小五郎さん
を外したのか意味が解らないことになるので、
この解釈で正解だと思いたい。

ただ、岡本先生は、たまに信じられない
ポカをやるからなぁ(例:インターハイで何故か
消えてしまったノノノノ、幻の個人戦wとか、
下里息子の名前が二転三転とかw
 
>蔵間マリコ さん

ほんとに、落しどころとしては最高だったと思います!
というかむしろ逆に、このオチのために性格とか能力とか全てを
準備したんじゃないかという気もします。

>奈波はどのようなタイミングで登場するのだろうか?
日常とは言わないまでも、後々わりと簡単に再登場しそうな感じがしてます。
策の相談とかはできないと思うので、ネタ要因か、
寧子らには言えない内心の悩みを相談するとか?
  • アカネ
  • URL
  • 2012年11月25日(日)01:06
 
>山口孝志穂さん
はじめまして!

ツイッターの発言から、当初は笑える回かと想像してましたけど、
違う意味で本当に面白かったです!
しかし物語はまだ続くので、今後にも大いに期待です!
  • アカネ
  • URL
  • 2012年11月25日(日)02:24
 
>ALORCさん

なるほど、完全に真相までたどり着いていたわけではなかったんですねw
しかしぼくはそこにすら到達できませんでしたw
あとから考えるとすごく納得のいく流れなんですけど、
事前には想像だにしませんでした!

>カズミの発言
たしかに強烈でした…インパクトとかギャップを狙ったんだとは思いますけど、これは賛否ありそうですね。
個人的には、これはこれでありとは思いますけど
もう少しマイルドでも良かったかなーという気はしてます。

>頭の中は奈波で一杯
しかしある意味ではこれ以上親密な関係はないですよねw
  • アカネ
  • URL
  • 2012年11月25日(日)03:07
 
>或 犬良さん
たしかにそう言われると、友達との距離感を掴む機会がなかったために
気を遣いすぎて、記憶を消す選択をしたっていう気もしますね。
ただ、自分に不益であっても他人を気遣うことができるようになったという捉え方も?
この選択が正しいのか否かは分かりませんけど、
なんにせよ個人的にはこの方がぐっとくるからこれでいいですw
寂しくはありますが。

>小五郎さんの記憶
当日にこの感想を書いた時点で力尽きてしまい、じつはまだしっかり巡回していないんですけど
これはわりと当たってる気がしてたので、意見が合うとは心強いです!
そもそも作者のミスでなければ、ですけどw

  • アカネ
  • URL
  • 2012年11月25日(日)03:37
はじめまして。 
犬良さんの感想記事で神推しされており、伺いました。

犬良さんとは同じ『週刊ヤングジャンプ』の読者というご縁から、ご一緒させて頂いております
(うちは『デリバリーシンデレラ』、
『東京喰種‐トーキョーグール‐』、
『ヒトヒトリフタリ』の記事+αといったところですが)。

考察における着眼点、思考が素晴らしいですね。
思わず頭が下がります。
余談ですが、アカネちゃんって良い名前ですね。
個人的に色々と想い出が蘇ったりもします(苦笑)。

うちからリンクさせて頂いても宜しければ、
リンク&紹介記事を書かせて頂こうかと思います。

長々と失礼致しました。
  • 如月
  • URL
  • 2012年11月26日(月)23:43
 
>如月さん

おお!はじめまして!
他のブログ様のコメントでお名前は見かけてました!
ぼくもヤンジャンは極黒以外も読んでて、
テラフォーマーズ、WxYあたりがお気に入りです。
スピナマラダ!が大好きだったんですが…残念でした。
あとジョジョ好きなのでキャワワワ!!も!
如月さんも取り上げておられましたが。
(ジョジョ関係なくてもギャグとして好きですけど)

>アカネという名前
男ですいませんwホントは男っぽい名前を選ぼうとしてたんですけど、
なんやかんやでこれになりました。
特に思い出とかはないんですけど、ただ響きがすきなんですw

極黒感想以外も書きたいんですけど、最近はすっかり週イチ更新ペースですorz
無理せず続けるスタンスで、できればもっといろいろい書いていきたいなぁという感じです!

リンクのお誘いありがとうございます!むしろこちらからもお願いします!
  • アカネ
  • URL
  • 2012年11月27日(火)22:07
完了しました! 
ご丁寧に、あたたかいお言葉ありがとうございます。

リンク完了&紹介記事もできました。
こちらこそ、宜しくお願い致します。

お名前については了解です。
ブログトップの左上も最初に拝読してますので、
どうかご安心を(笑)。

まったりマイペースで無理なく続けられるのが一番ですよね。自分もそう思います。

また、こちらからもちょくちょく伺いたいと思ってます。
  • 如月
  • URL
  • 2012年11月28日(水)00:25
 
報告が遅れましたがこちらも貼らせていただきました!
今後ともよろしくお願いします!
  • アカネ
  • URL
  • 2012年11月28日(水)23:30
各掲示板を廻って 
アカネさんの考察がすばらしい、なるほどと思う。
見落としやすいのではあるが分かる人は分かると思う。

2ちゃんねるの利点なんて「どうでもよさ」「気軽」
ぐらいしか価値が無いと思ってた。

今でこそ「ブリュンヒルデ」「感想を書く」
インターネットで「検索」してみると、4大ブログの黒のノエル、
吹き溜まりinスペース、夕暮れナンセンス、ALORC氏のとこと、
みくらす氏の「読んだらけ」が出てくるが、
「読んだらけ」は30話で止まってるし、
1話でなく22話から始まってるようだ。
「2周目」とか「ひぐらしなくころに」とか書いた。

逆に大手のハズの「池さんフロムエル」が出てこない。
夏までは夕暮れネクサスと倫タンに萌えるスレ?
ぐらいだった。

「極黒のブリュンヒルデ」のスレは、
2ちゃんねるにも無い。
「倫タンに萌えるスレ」では少しちがう。
分かる人が教えてくれるかスレ立ててくれるか・・・
『キャスフィ』ではこちらが、
「極黒のブリュンヒルデ」のスレを立てた。
ノノノノからの読者で鎮死剤の設定からのファン、
初めは「ノノノノから」をメインに使ってたが、
なぜかあの頃なのに「鎮死剤から」になってる。

『キャスフィ』の方は誰か来ないのだろうか。
  • 鎮死剤から
  • URL
  • 2012年12月02日(日)22:37
ナナミの悩みについて 
ナナミの悩みはぜいたくと思う。
こちらは監禁個室が、
「ご褒美で待遇改善した」待遇と思ってたが、
最悪に近い待遇などとは思いもつかなかった。
生きてるだけでもつらいときに、
友達や家族のことなど考えも出来ないものと思ってた。

手段と手順だけの世界で生きてきたこちらには、
思いもつかない事だと思った。
  • 鎮死剤から
  • URL
  • 2012年12月05日(水)22:29
 
変身が遅くなりましたが、生きてます。

>鎮死剤から さん
考察というより、とりあえず思いついたことを羅列して下手な鉄砲も数打ちゃ当たる方式ですw

検索エンジンの順番は、様々な要素で決まっていて
検索したワードの、そのサイトにおける出現頻度も要素の1つらしいので、
最近は極黒感想しか書いてない当ブログには有利に働いてるんでしょう。
逆に、大手でも、更新頻度が多くてワードの濃度が薄まってるかも。
うちなんて、カウンターはいつもギリギリ2桁ですからw

>キャスフィ
知らなかったのでggったら、学生のポータルサイトなんですね。
ぼくは学生ではないんですけど、学生の中でも盛り上がるといいですね!

>奈波の悩み
友達が欲しいとか思えるのはまだ肉体的に余裕がある証拠、
という考え方もあるかもしれませんね。

奈波の部屋の描写はたしかに小奇麗な感じでしたけど、
奈波も、研究所で実験を繰り返されてたらしいですし
作中に描かれていない研究所内での生活や実験の内容などは
妄想で補うしかないので分かりませんが、
個人的には、奈波も肉体的にも十分に苦痛を味わっていて、
プラス、能力ゆえに精神的にもつらい想いをしたということかなーと思ってます。
肉体的に楽だったとしても、精神のみ追い詰められるのもしんどいとは思いますが。
他の魔女たちは、少なくとも仲間がいたっぽいですしw

というかむしろ、奈波が好きすぎて贅沢だという発想は無かったですw
  • アカネ
  • URL
  • 2012年12月05日(水)23:26

トラックバック

[感想]《遺贈/Bequeathal》、《死後の生命/Afterlife》/『極黒のブリュンヒルデ』第38話 

(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)――― Forget Me Not(ボクのこと 忘れてください). 《一瞬の平和/Moment’s Peace》/岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』第3巻 黒のノエル。 蜉... [続きを読む]

  • ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook
  • 2012年11月23日(金)15:53

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。