「極黒のブリュンヒルデ」30話感想

連載休止中に、長らく書いてなかった他のことを書こうと思ってたけど
思ってただけだったぜ!orz


この前の土日はB.G.M festival Vol.01行ってきた!
クソ楽しかった!久しくライブ行ってなかったのでさらに!別記事で書きたいところ。


それはそうと、エルフェンリートのBlu-ray BOXが2012年12月に発売決定です!めでたい!!
ツイッターではそれらしい噂があったみたいですけど。
詳細は次号らしい!待て次号!


以下ネタバレありです。
教会の壁に残されたメッセージが謎端末のパスワードと予想して
端末からアンテナを取り外してくれるようカズミに頼む良太。
一方、研究所からは新たな刺客、5210番が!
ってとこまで前回。


端末からアンテナを取り外そうとするカズミ。しかし
細かい作業になりすぎて、道具が必要とのこと。
それだったら、また別の場所に出向いていって電源を入れるか?というところだけど
良太はお金あんま持ってないしなwそれに回数重ねるのは居場所がバレるリスクが。
(じつは5210番の能力で今にも居場所がバレそうなんだが)

いつものように軽口を叩く佳奈だけど、今回のカズミはリアクションがマジだ!
まぁじっさい、唯一の手がかりである教会の壁の文字だってパスワードかどうか怪しいし
かなり切羽詰っているしな。
久々に本気で厳しいカズミを見た。序盤の、声だけの出演だったころぐらいか?
「ついでにあんたらの命もな」はいいシーンだし文句をつけるわけじゃないけど、
カズミのこういうシーンはもうちょい頻度を落としてほしいという個人的な思いがw
もうちょい温存してもいいようなという気が。
以前にも似たようなこと書いたかもしれないけど、
価値が減っていくじゃないですかこういうのはw


場面は変わって小五郎の大学。
1ヶ月では鎮死薬の合成は無理だと言ってたけど、一応トライしていた模様。

無粋だと思いつつも、一応、少し化学系をかじった人間としてツッコませていただくと
実験台の上で核磁気共鳴(NMR)の分析は不可能だと思うがw
分析後にチャートを見て話をしている、ということか?
あとNMRの数値が出ないというのは…?
1H NMRを測ったけど水素がない物質だったとか?
で、次に13Cを測ってるから「まだ時間がかかりそうです」とかそういうことか?
それか、地球外の技術が使われてるから
そもそも原子そのものの構造が違って分析不可能なのか?
なんにせよNMRも赤外線分光法(IR)も、チーム組んでやるものなのかw
流動パラフィンの準備って、持ってきて1,2滴たらすだけだけどなw
電磁波スペクトル法は何を指すのか分からないけど…
NMRとかIRで鎮死剤の構造を同定しようとしてる様子。
以前の研究室のシーンではMSっぽいチャートが映っていて、構造決定のヒントになると思うけど
「質量分析」では響きにインパクトがないから今回は書かなかったのかw

別に批判しているわけじゃないけど、マンガのこういうシーンは得てして
少し知ってる分野だと、どうにも気になる部分が出てきてしまうよなw
あと、こういう知ってる単語が出てくると語りたくなってしまうじゃないですか…
逆に、自分のぜんぜん知らない分野だと専門的なこと言われても全く違和感を感じないけどw


閑話休題、やっぱり鎮死剤の合成は1ヶ月では無理だと結論付けて、
約束どおり魔法使いに会わせるよう良太に電話する小五郎。
宇宙人の受精卵が本物と分かったことは言わずに…
これはどうなんだろう、ただ単に知的好奇心から
受精卵を独り占めしたいと思っているのか、他の野心があるのか…?
他の意図があるとすると、魔法使いに会うことにも
別の理由があるような気がするし。
どっちにしても厄介な感じだけど、現時点では分からないな。


学校で、小五郎に会ってくれるよう寧子とカズミに頼む良太。
今回はシリアスなままかと思ったら、しっかりギャグを入れてきたw
相変わらず、頭良くて並みの主人公以上に物分りがいいクセして
色恋には並みの主人公程度に疎いな良太w

なにげに佳奈を気遣うカズミ。
序盤のカズミと佳奈の絡みには少し否定的なことを書いたけど(イヤだったわけではない)、
このシーンへの布石と思うと、ごめんなさいとしか言いようがない!!
最初の方は否定的でこっちは肯定的なのは、
こっちは見得を切ってる感じがしないのと、
こういうデレかたは初めてなのと、
本人がいないところで言ってるってとこが好き!


天文台に訪れた小五郎。
小五郎が良太の叔父であることが判明。
親類だろうというのはわりと予想されたことだけど、
死んだとされる父親も含めて良太の家族にも謎がある?という気もするので
ただ好奇心だけではないかも?という上記の妄想の材料にもなってしまうところ!
今のところその線は薄い気はするもののw

しかし、小鳥のおっぱいの進化が止まらないwww
前回にも増して、何かが喰い破って出てきそうでこえーよw(読み切りの方の以下略


天文台で魔法使いと小五郎が会うと同時期に、
研究所側の追跡が開始された!
5210番の能力は、記憶や精神を読んだり操作したりするものと思っていたけど
モノの記憶、残留思念も読める、サイコメトリーも可能ということか?
天文台から教会までどのくらい距離があるのか分からないけど、
小五郎とのやり取りが終わってから襲来するか?
小五郎の興味が1日で尽きずに日をまたいだりするかもしれないけど…
なんにせよ、5210番が来たときにどういう状況か(全員揃っているのかどうか等)が
気になる!待て次号!

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
知らない分野なので専門的なこと言われても全く違和感を感じませんでした 
雰囲気で難航してんだなー、と感じるのみ。しばらくぶりに候

カズミがデレ……デレたのに良太萌えもせず、返す刀で……久しぶりに「良太もげろ」って気持が沸いてきましたな。というかこの3週間「もげろ」という言葉を忘れてた()

良太と寧子が1話冒頭に行き着く経過を描いてる(かもしれない)一方で、小五郎さん裏切りだとか引抜だとか知りすぎて抹殺だとかいや逆スパイだとか登場時点から未来予想が数多。どうなるんだかわかんないがロクなことにはならないかすごいことになる、という確信のみ。期待で、不安

翻ってツインテ1号こと結花は不安しか感じない。2号美少女が襲撃中は顔を出してくれるな!
  • ALORC
  • URL
  • 2012年09月28日(金)10:18
一瞬、アカネさんが茜さんに見える(ぉ 
>少し化学をかじった人からの見解
アカネさんってば、茜さんみたいじゃないか!!(ぉぃ

専門分野からみたら、ツッコミどころはどうしても
出てしまうし、まぁ、研究室総出で取り組んでる
緊迫感を演出しましたってことなんでしょうけども、
こういう専門分野の人に見解を見るのも興味深い
ですな。作劇上の小道具ではなく、ドラマの流れ
としての研究室での分析シーンとしてみれば、
まぁ、これはこれで。ただ、1,2滴垂らすだけで
終了する検査を大げさに別チームとか言ってると
やっぱり腰砕けなポイントかもですねぇ。匙加減が
難しいところ。単行本でまるっと修正されたりしてw

>小鳥のおっぱいの進化
小五郎さん訪問に、少し怯えた表情と
窮屈そうな制服に強調されるバストが
なんともまた……(サディストな笑みで

ほとんど、アンミラの制服状態じゃないか。
これは縛り甲斐が……もとい、小鳥の魅力
炸裂なシーンですね。若干、お色気担当が
小鳥に偏りすぎな気もするが、小鳥はもう
普段の表情からして、怯え気味でいちいち、
エロスだからなぁ(←まてそれはお前だけだw

>5210番の襲来時期
雷ゴロゴロいっている天候と演出からしたら
即座に襲来してもおかしくないが、探知開始が
同時刻だとしたら、さすがに軽井沢から長野の
天文台までホイホイ来れないだろうと思う。

しかし、あまり間を置かれると、カズミと
良太が端末スイッチ入れで不在の時期に、
寧子に釣られて刺客が天文台に!!という
戦力分断危機再び。前回の借りを返すと
ばかりに、カズミと良太が寧子の危機に
駆けつけるとか、非常に燃えるシチュでは
あります。ただし、残ってるメンツで、
不在時の時間稼ぎができるのかというと
不安すぎるwそして、天文台の場所が
敵に知られたら、報告されるまえに、
殺してでも口封じしないと、活動拠点を
失う大ピンチが。状況は混迷の極み。

まぁ、身も蓋もない言い方をすると、
この漫画、状況が安定していること
自体が非常にレアなんですけどもね!!(ぉ
 
>ALORCさん

しばらくぶりです!
にも関わらず返事が遅れまして申し訳ない…生きてます。

興を削いでしまうようなことを書いてしまったかなぁとも思いましたけど、
思ったことは書いておこうかと…同じようなことを思った人もいると思いますし。
知らない分野で似たような状況になっても全く気にも留めてなかったと思いますけどw

>3週間ぶりの良太もげろ
普段もげろなんていう言葉を使う機会なんてないですからw
良太じゃなく寧子の高感度がすごく上がってますが!

>小五郎さん
好奇心のみにしろそれ以外の思惑があるにしろ、今のところイヤな予感しかしないです…
だからこそ逆に、最終的には味方に収まるような気もしますけど。
要は、どうなるかさっぱりわかりませんw

>ツインテ1号
たまたま出会ってしまい、5210番の能力で操られて…とかあり得そうですね…
  • アカネ
  • URL
  • 2012年10月04日(木)02:26
 
或 犬良さん

演出の意図は分かりますし、不快だったとかでは全くなく、余裕で流せるレベルですけど
欲を言えば、もうちょい上手い事描いてくれるとよかったかなぁとは思いますw
ぼくなんかは理系でも最底辺なので、あんまり偉そうなことを言うのもアレですけど。

>小鳥の制服
アンミラが分からなかったので調べたら、確かにまんまでした!
立ち姿だけでも、小鳥の魅力がよく分かるシーンであるのは同意ですけど、
しかし縛り甲斐が…とか怯え顔=エロスは一般的には成り立たないですwww
ドSとしか言いようがないw

>5210番の襲来時期
間もなく店頭に並ぶ(もう並んでる?)次号で動きがあるかもしれませんけど、
どのタイミングで来るのか…

たしかにそう言われると、各話の間の空白があまりない構成なのに事態がどんどん展開されて
気の休まることがなさそうですね…
現実に当てはめるのが適切かわかりませんけど、
実際にこんな状況に置かれたら寝つきが悪くて仕方がないと思いますw
  • アカネ
  • URL
  • 2012年10月04日(木)03:15

トラックバック

[感想]《隠匿+探求/Hide+Seek》/『極黒のブリュンヒルデ』第30話 

(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)―――静かに迫る刺客の瞳。 《星明かり/Starlight》/岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』第2巻 黒のノエル。 忍び寄る毒蛇。 「極黒のブ... [続きを読む]

  • ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook
  • 2012年09月28日(金)10:28

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター