「極黒のブリュンヒルデ」20話感想

二週間ぶりの極黒です。今回から新章突入!
前置きなしでいきます。


以下ネタバレありです。
キカコを撃退した後、1人で死んでいこうとする小鳥だが、良太たちに諭されて
自分に命を託して死んだ友人、千絵ちゃんの分まで生きていこうと決意!ってとこまで前回。

新章の出だしは、お墓の前で千絵ちゃんの誕生日を祝う小鳥の図。
悲しいけど雰囲気的に前向きな感じがしていい!プロローグ的な感じで。


場面は変わって、ついに良太の家族周りが明らかに。
とりあえず母親が男前にもほどがあるwww
昔の写真に写る顔はすごくにこやかなのに…

しかし良太、成績超優秀で理性的で行動力も人情もあって、
しかも家事までできるとかどんだけ完璧超人だよw

母親がこんななのは、息子がこれだけできた人間で、その上でちゃんと
お互いに理解、信頼しているから、という気も。
あんなことされつつも、口ぶりからして対等な関係っぽいし。
良太なら、安いドラマにありそうな、母さんは僕より仕事の方が大事なんだ!みたいな
無駄に面倒くさい展開で話数を食ったりしなさそうだし。
完全に妄想だけど、むしろ
過去には、まだ精神が成熟してない良太と母親の間でそういう衝突もあったけど
それを乗り越えて、今の家族の形がある、みたいな。
…と、妄想したものの、
実際のところはただ単にエキセントリックな面白いキャラを出したかっただけだよなぁw
あと、デレたときのギャップなw

良太が1歳の頃に父親と弟は事故で死んでて、良太もその事故に巻き込まれていたらしい。
これは、全て仕組まれたことだとか、いろいろと疑わざるを得ないよな…
あと良太は、母親が病気になったとき、
鎮死剤を作っていた会社、ドレスデン製薬のことを知ったんだけど、これは偶然なのかどうか…

そして名前だけ登場の小五郎さん。村上家にとってけっこう近しい人みたいだけど。
母親の弟とか?
以前に完全な妄想として、良太の父親が九(いちじく)所長だったりして、とか書いたけど
九 小五郎おじさんの可能性は…
海外から招聘というと、ヘッドハンティングか何か?
表の顔も研究者だとしたら、ありえる話か?


家庭教師のアルバイトに向かう良太。今度は妹キャラ登場かよw手広く攻めるなぁ!
そしてじつに分かりやすいツンデレ!ステロタイプはどっちだよw
まさに、聞いてるこっちが恥ずかしくなるわ!
というか、「ステレオタイプ」は知ってるけど「ステロタイプ」という言葉は初めて聞いた。
調べたら、同じ意味らしいけど。

イヤな想像だけど、この結花ちゃんは今後、なにか不遇な目に遭いそうな…
あまりにも突然、普通の人間が登場したからなぁ。
日常をもてあましてるような発言が、フラグな気がしないでもない…


天文台へ向かう良太と、脱ぐ魔法使いたち!
裸を見られても別に気にしてないようなそぶりをするカズミがやばい可愛い!
良太「見てるぞ」じゃねーよwこいつだんだん耐性ついてきてないかw

魔法使いたちにおっぱい代食料を渡す良太。
ジャガイモににんじん、お肉で野外といったらカレーかと思ったら、肉じゃがなのな。
まぁよく見たらしらたきとかあるし。
どうでもいいけど小鳥は左利きの模様。

佳奈も夏服に衣替え。ゴスっぽさが減って、可愛いらしい感じに。
イメージって服装でだいぶ変わるもんだな。
しかし佳奈の目の前でにくじゃがをミキサーにかける寧子は鬼かwww
しかもごはんまで一緒に…ネタなんだけど、ちょっと普通にかわいそう。


今回は、重要な情報もあったものの、基本的にほのぼの回だったな!
しかし、そんな楽しい日々を過ごせるのも、鎮死剤に余裕がある今のうちだけで…
予告よると「次号、良太が動く…!」らしいが!
薬を手に入れる方法があるのか!
もしくは宇宙人の受精卵がらみか!待て次号!

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
不意打ちの無い日常こそ不意打ち() 
話に動きは少なかれど、盛り沢山。妄想の予知も十全のクオリティ。カズミちゃん様かわいい良太もげ……もげ……目は逸らそうぜ主人公

5話だか6話だかの時点でアカネさんは母親が組織と縁があるのではとか推測してましたね……これで父親が生きていてイチジク所長とかだったら予知レベルの先読みでねーかと。まずは小五郎さんが何者かって辺りから順に明らかに、なるかなあ? まあ村上母の人格面はいざというとき信頼できそう……二人で住むには家、広くない?

一般人ツンデレ枠キッカ嬢。ただ普通を厭う彼女が普通を逸脱する最悪の手がひとつ。たった今思いついたのが
「僕と契約して魔法少女になってよ!」
魔法を目撃して魔女狩りに捕殺される、巻き込まれて刺客に殺される、とかも最悪の部類ですが、さすがにこれは……ないといいなあ
  • ALORC
  • URL
  • 2012年06月29日(金)02:00
とりあえず桔花は生き延びることが出来るのか!? 
仰るとおり、読み進めれば読み進めるほど、
うわー、ステレオタイプなツンデレキャラだ。
うわー、死亡フラグしかみえてこねぇ、
うわー、日常に飽き飽きしてるとかそれ確実に
組織にとっ捕まって改造フラグだわ、、、とか、
黒い妄想が広がって広がってもう!!

とりあえず、桔花は今すぐお兄ちゃんから
距離を取るんだ!!そのお兄ちゃんはすでに
君なんぞ眼中に無い上に、恋愛対象としては
とても見られないくらいに脈が無い上に、完全に
非日常の世界で戦う魔法使い部の参謀殿だw

分かっちゃあいるけど、それでも良太に深入り
しちゃうんだろうなぁ(遠い目

>男前のおっかさんと、小五郎さん
ドレスデン製薬が組織と繋がってる気配が
濃厚な以上、なんらかの接点は絶対にある
とは思うわけで。小五郎さん、無いし、死んだ
とされる夫の旧姓が『九』という可能性は
ありまくりだよなぁwだとしたら、良太が確実と
思って解析を依頼した相手が、実は敵の本丸
でした!!という洒落のならない事態にw

或いは、敵組織の内部のゴタゴタを描写する切っ掛け
にもなりうるか??小五郎さんが敵組織と関係する
人間だったとして、良太の存在に気が付き、
即座に上層部に報告するかと見せかけて、
あえて支援して、泳がせるとか。茜さん同様、
敵組織内部にも、イチジク所長の方針に反発
している研究者もいそうだし。

ふと思ったけど、良太とおっかさん、確かに
強い絆で結ばれているんだけども、顔があまりに
似ていないというか、事故の後、イロイロあって
母上が厳しい顔つきになっていったにせよ、
まるで似ていないというか……。

実は、事故で夫や弟と同様、良太も死亡して
いるという可能性は無いだろうか??そして、
良太そっくりの宇宙人の改造実験体が、ダミー
として与えられているとかwあのぶっきらぼうな
対応やら、宿主発言は、実は『お前なんて実の
息子じゃねぇけど、関わったからには全力で
扶養してやるから、そっちもキリキリ働けw』
というそのままの意味だったとしたら(あわわw

はい、流石に妄想ですよね、突飛な発想でスンマセンw
 
>ALORCさん

ああいうのは先読みではなく妄想といいますw
たしかに、あの母親はじつに頼りになりそうです!
良太を凌駕する判断力と行動力で魔女を制圧しそうw

家は、2人で棲むにはたしかに広いようですけど
良太や弟が生まれたときにはすでに家を買っていた、ってことですかね?
父親は不明ですけど、母ちゃんはめちゃくちゃ稼いでそうですし

>「僕と契約して魔法少女になってよ!」
おお、それは最悪のシナリオですね…
寧子らはみんな魔法使いになって日が経ってるっぽいので
もう慣れてる感じですけど、
人ではない何かに改造されたての少女の絶望を見ることになる…か?
  • アカネ
  • URL
  • 2012年07月02日(月)00:03
 
>或 犬良さん
やっぱ桔花ちゃんは、何かしら被害に遭うor遭いそうなミスリード要員な感じがしますよね…

>小五郎さん
個人的に思い浮かんだのは、母親の旧姓がイチジクで、小五郎さんはその弟かな?とか。

>良太死亡説
たしかに似てないですね。
短編「アルマージュ」の子持ち処女を思い出しましたw
(あっちは、本当の母親じゃないことをすでに知ってますけど)
でもそう言われると、良太が1歳で死んでる可能性はありえる気がします!
ダムから落ちたときも、記憶を一部失ってるという共通点がありますし…
そう考えてると、何回死んでも息子と同じ形をした何かが帰ってくる状況を
受け止めきれないのが今の母親の態度だという妄想がw
もしくは、特別扱いしたくないが故の厳しい態度という気も?
  • アカネ
  • URL
  • 2012年07月02日(月)00:51

トラックバック

[感想]《平穏無事/Peace and Quiet》/『極黒のブリュンヒルデ』第20話 

(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)(読み切り『君は淫らな僕の女王』無料閲覧はこちら)『なんだか・・・毎日がキャンプみたいね』限られた時間、仮初めの平穏――― [続きを読む]

  • ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook
  • 2012年06月29日(金)01:38

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター