スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

「素晴らしき日々~不連続存在~」感想3

ゴールデンウィーク、一応4連休はいただけたんだけど
今のところ特に何するという予定は無く…
とりあえず、部屋とPCの中(データ的な意味で)を掃除するぐらいか。
来週の5/13は、デザインフェスタVol.35の2日目には行こうと思ってます!

その前に、素晴らしき日々を終わらせておく!
以下、シナリオ「Jabberwocky」と「Which Dreamed It」のネタバレありです。
Jabberwocky -「救世主と英雄」の物語

悠木皆守が主人公。今までのイメージとはぜんぜん違って
公式ページにも書いてあるとおり「クール系を気取っているが、本質として熱血漢」で
不器用な男が、大事なもののために宿命に抗い奮闘する物語、という感じか。
あんまり陰鬱な感じじゃなくて、どっちかというと明るかったり熱かったりする感じ!
切ない場面もあるけど、大筋には毒の少ない物語で
他の話と比べ、皆守はすごく主人公っぽい主人公だった!良い意味で軽く進められた!

卓司が、自分を破壊する役目として生み出した人格が皆守で
その後に主人格となるはずだったのが由岐。と知ったときは、
それだけ重い過去があるにせよ、そんな都合よく人格を良いように変えれたら苦労しないよ…
という気もしたw

しかしこの章、卓司と「新しい由岐」の扱いがひどいなw
まぁ、羽咲のことを正しく認識できないんだから仕方ないが。
卓司だってたしかにきもいけど、本当の意味で自分の兄さんなのにw
(次の章で新事実が判明するんだけど、この時点ではこう思ってた)
新しい方の由岐だって本人が何か悪いわけわけじゃあないのに
作り物みたいな印象が強調されてて、なんか不憫だったなぁ…

この章で、由岐と卓司の行動の間は埋まって
現代での謎はだいたい明かされた感じ?あとは過去に何があったのか、だな。

-------------------

Which Dreamed It -「兄と妹」の物語

間宮羽咲が主人公。

皆守に懐いていたのは、ちゃんと自分が認識できるからとか以前に
「間宮卓司」と思われていた肉体は、実際には「間宮皆守」だったという事実が!

大切な人が、中身はぜんぜん別人(しかも自分を恨んでいる)に変わってしまい
仲良くしてくれた人格は消えて、同じ人格が復活したと思ったら
自分を認識することが出来なくなってて、本当に兄と呼べる存在は殺されて
自分自身の半身ともいえる人形まで穢されて、と
後半いっきに精神が衰弱していくところは辛いなぁ…
ざくろ編もだけど。やさしげだった人物が、いろいろ辛い目にあって
最終的には恨み節を吐くようになってしまうのは非常にいたたまれない…

この章の明るかった部分は木村さんのおかげだなwこの章ではすげーいい人だったw

皆守編では、消えていくのは自分自身だから、消えていく悲しさというよりは
生き様を熱く描いたような感じだったけど
今回は残された者からの目線だから、ものすごくしんみりしてる。

過去の事件(まだ真相は明かされてないけど)の後、ずっと辛かったであろうところに
ある日、急に皆守の人格が発現したときの喜びを思うと、よけい切なくなるな…

人形が穢された末に壊されるシーンは、羽咲の心情を思うと苦しくなるんだが
それでもやっぱ、ものすごくシュールだよなwwwwww

今の卓司たちは記憶の奥底に封印しているであろう過去の謎が徐々に解け始めたけど
まだ明かされず。
こっからはラストスパートみたい!どんな結末を迎えるのか!

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。