「スイートプリキュア♪」3話感想

前回の感想で、戦隊からちゃんと観たいと書いたとこなのにから
いきなり8:45分起床orz
プリキュアは録画しといたからいいものの…


以下ネタバレありです。
なんか最後の方、よくわからない話になってしまってますが…
今週の内容を一言で表すと



響のオヤジうぜえぇぇぇwwwwww


なんだこの怪人物はwwwwww
天才ゆえか音楽に対して真剣過ぎるがゆえか
つまらんことで娘を苦悩させっぱなしの父親!
なにより声優さんの怪演が光ってる!マジうざいしゃべり方!(ほめ言葉)

まぁ最終的には、そんなにイヤな感じは残らなかったけどな。見せ場もあったし。
あと「音楽を奏でてない」の意味を大半の視聴者はすぐ分かっただろうから
それほど悪い印象が残らなかったとか?

問題の発言は、王子くんに「音楽家になるなら答えは自分で考えろ」って言ってるように
それだけ響に期待してたってことだろうなぁ。
娘に、音楽嫌いになるかプロになるかの2択しか与えないのはいかがなものかとは思うがw
響が自力で復活する事を信じて(?)、大好きな娘に嫌われてもなお答えを教えなかったのは
ちょっとカッコいいと思った(自分勝手とも言えるが)

音楽家として言ってることは間違ってないかもしれないけど
先生として、親としては適性がないってとこかw

でも校長先生に「娘さんは音楽はやってないけど運動神経抜群だし幸せな一家だ」
と言われて苦笑いしてたりとか
何度か観ると、音楽に関すること以外は常識人っぽい?

あと「キライということは、好きということだよ」
と娘に対してツンデレについて説く父親ってどうなの(違

そしてまさかのメガトーンの天敵w不幸のメロディが通じないwww
これは今回の展開のためだけの設定なのか、今後も活きてくるのか…?

同じく新キャラの王子くん
イケメンで優しくて勉強が出来てピアノがうまくて、学校の人気者かと思ったら
街をあげて推されてるのかw町内放送で「我が町のアイドル」とかwww
「音楽王子隊」ってなんだよwww
今話で音楽家として成長し、さらにイケメンに磨きがかかった王子。
こいつは今後も出てきそうだよな。


今回の出だしのとことかアイキャッチとか
SDキャラの可愛さは異常だなぁ!
表情のデフォルメ演出もいい味出してると思うし(主に響とセイレーンの顔芸)
メインの絵柄が等身が高くてしゅっとしてるから、よけいにそう思える?


敵4人組はもはやネタ要員かw
でも作品中、キャラづけとか演出はセイレーンが最も安定してるよなwww


響のトラウマに奏が踏み込んで、またも解散の危機w
響は、奏に続いて父親もじつは大好きで
基本的には他人への依存度が高いイメージだなぁ。
で、奏はやっぱ、思った事をはっきり言うし粘り強くて大人しい要素が見当たらないwww
今んとこ、素直じゃない響を引っ張る奏、っていうパターンだし。
ところで、和解後にケーキ食うシーンは、果たして必要だったんだろうか…?
扉を明けて顔を合わせたあとに何もなしってのもアレかもしれないけど。


戦闘シーンについて。
開始してからあっという間にピンチw戦闘時間が短くて、
プラス響がオヤジのシーンが入るから仕方ないんだけど。
メガトーンの骨っぽいデザインは好きだ!でもせっかくの股間の刃を活かす戦術がくて残念!


あとやっぱ、全体的に説明っぽいセリフが多いよな…会話も含めて。
もうひとつ気になるのは、会話中に人があんま動いていない?カメラも。
作品とかシーンの雰囲気とかがあるから
身振り手振りを交えて話す方が優れているっていうことではないけど、
今作はそれプラス、セリフが解説風味だから、視聴者の待つ時間が長くなってしまって
良くないんじゃないかなーと。
ただでさえ、子供向けなのに説明多くないか?という気がするのに。地味になってしまうし。
とくに必殺技の前のとこ、
2人が静止状態でクチだけ動いて、けっこうクサいことを熱く言ってるんだけど
キャラか画面がもっと動いてたら、もっといいシーンになったんじゃないかと…
(これは好みの問題かもしれないけど?)

キャスト、スタッフが以前になんの作品をやってたとかは
あんまり気にしないタイプですけどそれでも考えてしまうのは
シリーズ構成の作家さんはアニメは初仕事とのことで、その辺の兼ね合いもあるかも?
ドラマとかは、静止してても演者の細かい動きとか雰囲気があるけど
アニメの静止は完全な静止だしなぁ…
もちろんドラマの脚本がダメってんではないけど、
ちょっと邪推してしまうところではある。

こっちはメインターゲットから外れてるうえにド素人だし
こんな素人考えなんて製作陣はプロなんだから当然分かってて
それでもなお、こういう風にした理由があるんだろうけど。
もしくは、ぼくの考えが少数派で
幼女たちや他の大きなお友達には好評なのかも知れないし。
(序盤の設定が出揃うまでは意図的に他所の感想などの情報を仕入れない予定)

なんか皮肉みたいな書き方になってしまったけど違いますよ!
ぼくは基本的に、どんなジャンルでもその道のプロという人たちは
自分にできない事をやってて尊敬すべき存在と思ってますし
一般人のあーだこーだ言うのなんてお見通しのはずだと思ってるので。
だから今回みたいに、ぼくが疑問を感じるようなことがあっても
相手の真意を聞けない以上、
何か理由があってのことか、ぼくが間違ってるか、という考えが先に来てしまいます。

まぁアニメとかは、どう作ればいいか、何がウケるか、とか
マーケティングはするにせよ、最終的にはバクチだし
けっきょく自分が面白いと思うか面白くないと思うかがすべてだから
ただ観るぶんには、製作側の意図とか理由とかどうでもいいんですけど
こうやって感想を書いてると、そういうことも考えてしまうんですよね…


というわけで、王子くんの設定とか(ってか名前からして)
どこまでネタなのか分からない要素が満載ですがw
ともかく次回は、奏のお菓子作りの話。
今回の話の奏バージョン?またも説明回の予感…
その次からは軌道に乗るのか?


とりあえず来週も、心にハーモニー、響かせよっ!

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
やっぱりあの親父は怪人物だよな 
僕の心の花が萎れて枯れているために
親父が怪しい行きすぎた芸術家肌の駄目教師に
見えたわけではないんだね!!(こぅらw

個人的には説明台詞も気になるけども、
それ以上にあの狂った音楽文化と融合しまくってる
異世界まるだしの町並みだな。どこの国よ、あそこ!?

もうなんちゅうか、イロイロと危険ですが、ナージャの
中の人は絶対に許されないかどうかを見極める
意味でも一年見守ろうと思った、主にゴセイジャーと
同じスタンスで(ぉぃ

>ゴーカイジャー

さぁ、来週から一緒に録画するんだ!!
1話逃してもすんなり追える安心設計。
戦隊は気楽に見るのが吉。オーズはまぁ、
今から追っても意味不明だろうが、戦隊は
アホみたいに気合いと予算が入っているので
今後も要チェックですよ(と熱烈にオススメしてみる
 
ぼくも、一年間このレビューを続けることを考えると
いつ堪忍袋の緒が切れましたになるか…
今はまだ序盤だから書くネタがありますけど。

異様な町並みは、わりとすんなり受け入れることが出来ました!
今回のコンサートみたいな音楽関連の話題を出しやすくするためとみせかけて
じつは、昨今の不況にあえぐ市町村の
苦し紛れの町おこしがまさかの大成功お収めて
調子に乗って突き進んだ結果
もう後戻りのできないところまできてしまったという裏設定を妄想w
じゃなかったら、イケメンで音楽の才能があるとはいえ
中学生を「我が町のアイドル」とか街総出で推さないでしょうからwww

>絶対に許さない
今のぼくの印象だと、
ずっとこのままだとまた許されない予感が…
ゴセイジャーはラスト2話はちゃんと見てたんですけど
なんというか、なにかがおかしいと思いました…
特撮好きの友達は「初回の次に最終回が酷かった」と言ってました!
そう言われればたしかに、
今のプリキュアを見る気持ちと似てるかもしれません…
そう思うと今後が不安で仕方ありません…

>ゴーカイジャー
基本的には、こういう番組に対しては
ストレスレスでアクションがカッコよければOKな人種なので
ゴーカイジャー1話はすごく良かったです!

ダブルもですが、オーズは、けっこう序盤から中途半端に見てて
ストーリーが分からないがゆえに、逆に、雰囲気だけでも楽しめてますw
敵と一緒に背景も切って背景だけもとに戻るのとかがかっけぇ!と思いましたし
バースの人はいい感じですし。
最近wikiを読んで、ストーリーも
とりあえず流れぐらいは分かってきてるので
せっかくだからちゃんと見てみようかと!
  • \(仮)/
  • URL
  • 2011年02月22日(火)00:21

トラックバック

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター