ヤンジャン読み切り「きみとこうかん」感想

というわけで、先日「ノノノノ」が残念にも打ち切られてしまった岡本倫先生の読み切り
「きみとこうかん」の感想です!

今回、打ち切り直後に読み切りなわけだけども、編集部的にはどういう意図なんだろうか?
「ノノノノ」は不人気だから終わらせたけどもう1度チャンスを与えたっていうことか?


とにかく感想です。以下ネタバレありです。
まずはストーリーを追いつつ、最後に総評って流れで。



同じクラスの美少女、藤崎真子が気になって仕方ない少年、村上くん…
昆布巻きを食ってるのは、このマンガを正月に書いてた影響?(正月以外だって食うけどさ)

しかし
「あの美貌でメガネッ娘だからとにかくモテる」って
メガネ=モテるの方程式は、それ一般論じゃなくて作者の趣味なんじゃないのかwww
まぁ僕は生粋のメガネフェチなので激しく同意せざるを得ないわけですが!!!
しかしまさか、メガネッ娘であることが複線とは…


そんなメガネの美人は変わり者で、一言もクチを聞かないだけじゃなく
街を裸で歩いてるとか猫に変身したとか妙なウワサが…
村上くん、全裸のウワサがあるからエロ目的じゃね?wとネタにするつもりが先にクギをさされたw
いやこれは重要な一言だって!村上くんの気持ちは本気なんだよ!っていう。
なぜか藤崎さんの居場所を感じるのは、特殊能力なのか恋心のなせる技なのか分からないけど。


そんな村上くんも、ついに昨日
火事で燃えるビルの7階に下半身丸出しで現れ、カラスに変身して飛び去った藤崎さんを目撃!
「下半身丸出しまでは良かったのに…」と信用しない級友たちの当然の反応を尻目に
ついに声をかける決意を!
しかし帰ってきた答えは「あなた 今日 死ぬわ」というすばらしいファーストコンタクト…
で、じっさいに車に引かれて死にそうになったところを、
謎の入れ替わり現象で藤崎さんに助けられる!

後の方で理由が説明されることだけど、この時点では
特殊な能力よりもむしろ印象的なのは、平然とスカートを拾って帰ろうとしたりする
常識を逸脱した人物像だよなwww
大きい分類としては綾波とか長門ジャンルに入る?
(この辺は人によってはものすごい議論になりそうだけど論じられるほど知識ないからムリ…)
後の方を読んでいくとちょっと違う感じだが。


で、食い下がる村上くんに「同じ人に二度見られたら…話すしかないと思っていた」と
わりと簡単に秘密を教えてくれる藤崎さんw
自分と他の人、動物の位置を入れ替えられる、らしい
制約もあって、
・身につけたものが取り残される場合がある
・見えている相手でないとムリ
両方とも、後々の展開のための設定だけど、身につけたものがついてこない方は
明らかにエロス要員も兼ねてるよなwwwそんなに過剰にエロス全開ではないけど。


なんでこんなことができるかというと、
「どこかの機関に改造された」
「その時一緒に心を殺す手術もされた」という、唐突な話!
超能力者が裏切らないように、っていうのは分かるけどさw

でも、今までの、不思議な出来事は起きつつも日常の範疇だった雰囲気を
一気に暗い方向というか過酷な境遇というか、
彼女は非日常の人物なんだとハッキリ切り替える場面としてはけっこう好き!

追っ手とかはいないのか!とかいう疑問は、
過去作品からしてよくあること(大変失礼)だし
ぼく個人としては、読み切りだし設定の深さはこんなもんでいいと思う。
でも、整合性とか細かい背景設定を重視する人は気になってしまうかも…とも思うな。


さらに、人の命の危険を察知できる予知能力までも完備!
それで、入れ替わり能力を使って人助けができたと。
今回は、観覧車の車軸が爆発してたくさん人が死ぬらしい。
…しかし、これは僕が無知なのかもしれないけど
モーターは爆発する可能性はないのか?普通に気になるなぁ。
標的を爆弾に絞るための適当設定…じゃ、ないよね?

心を失っていてるにもかかわらず、自分の身を危険に晒しても人助けをする藤崎さん。
熱血主人公みたいなのもいいけど、こういう、静かに決意を持ってるのも良いよね!
しかも藤崎さんは心を失ってる設定だから、内にはちゃんと熱いものが隠されてるというところが!
「だったら普通は 死ぬことがわかってる人を見殺しにするの?」とか言っちゃうんだからな。


そんな藤崎さんを放って置くわけには行かない村上くんと一緒に観覧車へ!
従業員さんと揉めつつも、携帯電話のない藤崎さんのためにトランシーバーをゲット!
…しかしこのくだりは正直、必要だったのか?と思わないでもないな…
連載とか、余裕があるならいいんだけど。一応重要な情報もあるし。
ページが余ったとか?
「とまれーとまれー」にはフイタけどなw
心を殺す手術が不完全で、ほんの少し心が残ってるらしいが
変な残り方してないかwww
本来は、こういうのが似合う自由奔放な性格なんだろうか?と妄想。


爆弾を発見したのはいいものの、爆弾を外すと自分が死ぬと予知能力が告げている…
心を失っているがゆえの淡白さなのか元来の性格の名残なのか、
観覧車に乗っている子供たちが目に入って、
わずかに憂いたような瞳で淡々と爆弾を取り外し、即オフシーズンのプールへ!

しかし着地失敗して足を折り、メガネが取り残されたせいで入れ替わりもできず…
そこに「助けられるのに見て見ぬフリは出来ないだろ」
と駆けつけた村上くんがじつはコンタクトのメガネ男子で
爆弾が可能なら人も一緒に移動できるかもってことで見事生還!
密着するならキスじゃなくてもいいけど村上君の冥土の土産になる可能性があるから問題なし!

村上くんが助かったのを見て号泣し、少し心を取り戻したかのような藤崎さん。
まだまだ無愛想なままだけど、少し彼女に近づけたような気がした村上くんなのでした…
おわり。


好きだと言われても心を失ってる設定だから平然とメシを食えるってことでいいのかw
妄想としては、
「じつはあの一件以来けっこう心が戻ってきてるけど恥ずかしくて演技してる」
に1票だなwww


物語全体としては、
語り部は普通の男子だけど、ストーリーの中心は無口な少女だから
わりと淡々とした印象を受けるな。
でも盛り上げる所はちゃんと盛り上がって…ってかクライマックスでは普通にしゃべってるしw


クライマックス、絶望的な状況からどうやって助かるのか!?と楽しめたけど
村上くんがメガネを持ってたのはさすがにちょっとご都合主義が過ぎると思ってしまったなw
未来予知とかまだ許せる範囲だけど。
極論で言えば、物語の創作なんてある意味全てがご都合主義なわけだけど
(キャラクターが勝手に動くとかよく言いますが分かりません)
それをそう思わせないようにしてくれた方が…
もちろん、意外な展開にしようとした結果だと思うし
読み切りだから複線とかも難しいんだろうとは思うものの。


アンケートハガキに、この作品が連載云々ってあるけど
アンケートの結果次第では、ありえるんだろうか?
ネタさえあれば、2,3話完結型で連載できる内容だとは思うけど
前作が終わったばっかで、まだそういう錬度じゃあないんじゃ?
少なくともすぐ連載開始はないよね…
読み切りを読んだ段階では、ぼくとしては、このまま連載に突入するのはムチャだと思うけど
作者、編集部が、これなら続けられる!っていう段階まですでに構想があるなら当然大歓迎!
逆に、たとえアンケートの結果、連載開始希望者が多かったとしても
見切り発車はやめて欲しいと思うけどな…
そんな甘いことは言ってられないのかもしれないけれど…

もし連載したなら、
村上くんの持つ、藤崎さんの位置が分かる能力を活かした展開とか
じつはそれは、組織によって藤崎さんを探すために与えられた能力だったとか
そんな感じかな?うん、なんか気になってきたw


というわけで、全体的にとってつけたような設定が多くて
設定だけがちょっと肥大化していないか?という思いはあるものの
読み切りならアリだとぼくは思う!
ヒロインを無口にして(中盤、後半はけっこうしゃべってたけど)
ここぞという場面ではセリフじゃなくて
表情だけでコマを抜いていくのが、超絶な盛り上がりは生まなかったと思うけど
印象に残った!
そして、岡本倫作品には珍しい、3枚目じゃないメガネッ娘!
なんだかんだでけっきょく楽しかった!

次回作にも期待!

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター