スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

ノノノノ141話感想

ついにきたか…
うそ予告の可能性もまだあるか?と
ほんのちょっとだけ希望を持ってしまうおれがいるが
さすがにそれはないよな…


そして、おそらく次の更新はノノノノ142話感想になると思います。
連投はもはや珍しくないけど、今回は確定事項です…


というわけで以下ネタバレありです。
先に触れておきます。

最終ページ下の次回予告文にて。





ノノノノ 141話 END

次号、最終回!!



そうか…
一応、覚悟はしていたものの、
じつはけっこう楽観視してたんだよな…
打ち切りにしても、もうちょい続くだろう、って。
ちくしょー…。

超希望的観測をすると、
女子スキージャンプも、オリンピック採用はまだだけど
盛り上がりつつあるみたいで物語に無理がでてきたし、
人気もいまひとつだから
今作は終わらして、次回作いこうぜ!ってことで
ノノノノ終了と同時に新連載開始!とか!

…と、一瞬考えたものの、ホントにそんなんだったら
1つの作品を大事にしやがれっ!!と
わたしの堪忍袋の緒が切れることになるがな。
まあ心配しなくてもそんなことはないだろうけど。



扉絵は野々宮悠太!いよいよって感じだな…
たしかに悠太はクールなイメージがあるものの、
まったく微笑んでいないのは、なにか作者の意図があるのか…
かんぐりすぎか?w

悠太は、環境のせいで人見知りというか
あまり他人と関わらず生きてきたような印象があるから
読者の向かって挨拶してると思えば無表情なのもうなずける?



本編の話。
ライバルたちが驚愕するなか、奥信高校の優勝!
しかし命を賭けたジャンプを決めた岸谷は目を覚まさず…
ノノの必死の呼びかけにも反応は無く…
ファーストキス(たぶん)まで救助員に奪われ…
心臓マッサージと人工呼吸の音だけがこだまする…

最近こればっか言ってるけど、
やっぱりこういうシーンを文章で伝える能力をもってないから
本誌を読めばいいよ…

本筋以外のとこで思ったことだけ書かせていただくことに…

行って来いなだけだの超ラッキーマンだの言ってた笹宮さんも
こんなになるまで頑張られてはそうは言えないわな
(前回の時点では岸谷の容態は発覚してない)
さんざん憎まれグチ叩きまくりだった浅見も
さすがにここで軽口を吐くことはできず。
ケガのことは知ってたから
事態の凄惨さだけ絶句してるわけじゃないんだろうな…
自分たちだけが必死だったわけじゃないんだという感じか。
ケガを知りながら止められなかった無念の皇帝…
あなたも血まみれなんだが…


ノノの叫びとともに季節は過ぎ、春。
代表入りしてもまったく嬉しくなさそうなノノ。笑顔にも影がある…
与田さんは気づいてるようだけど
そらさんとかコウロギさん、ゴボウ先生も察してるんだろうな(妄想)
その辺のやりとりも読みたかったところだけど。
しかし今回は、獅子舞をもってしても元気づけることはできなかったか…

そして、三角関係がらみの話題のコマで抜かれただけで
久々登場なのにセリフなしの天津…当然だけど。
皇帝も、どこかいつも以上にそっけないような印象…

しかしモブキャラというのはなぜこう可愛いく見えるのか!?


というわけで
ノノ、天津、皇帝とも代表入りを果たし、ヨーロッパ遠征へ!
しかし
「私は私の夢のために…一体どれだけ人を不幸にすればいいんだろう」

それでも、ノノの言葉から諦める意思は感じられないんだよな…
というかもうとっくに後には引けないというか。

ノノからすれば不幸以外のなにものでもないのかもしれないけど
悠太は自ら夢を託し、岸谷も自らの意思で身を犠牲にしたことを
不幸というのかどうかは人それぞれか…
自分を責めるモードに入ってるっぽいノノの中では
不幸になった人ってのは、巻き込まれた人々、
コウロギさんとかそらさんとかその他の人々も含まれるんだろうか…
まぁカマドウマさんが不幸になるイベント(正体バレ)は
省略みたいだけど…


そして病院の屋上から飛行機を見送る岸谷!生きていた!!!!!
車椅子に乗り、リハビリが必要な体になっても
少なくとも不幸な人間の顔ではない!

今までは、スキージャンプを成り行きで続けてたようなもんだったけど
遠い昔と現在の約束を果たした今、続ける理由はない。
でも今度は自分のために飛ぶ決意を…って最終的にはけっきょく
「お前にふさわしい男になるから」かよwww
はるか昔に「岸谷の恋を応援する」と決めたときに妄想した
ノノと岸谷がくっつくエンドありえるんじゃ!?
天津とゴキブリさんの線もぜんぜんありえるし。


ここでやっとインターハイ、岸谷のエピソードは終了。
打ち切りがいつ決まったのか分からないけど、
インターハイを早めに切り上げて数話かけてシメるんじゃなくて
インターハイ編をギリギリまで引っ張って(本来の予定通りの長さ?)
シメをたった1話だけにしたのは英断だったんじゃないかと思う!
最後のエピソードまで中途半端になるよりは。
この決断が良かったのか悪かったのかは次号を見るまで分からないけど。


さて、複線とか謎は山ほど残ってるものの、
あと1話でシメるとしたら、普通に考えると
俺たちの戦いはこれからだエンドか、
それから数年後…パターンかどっちか?

次の世代にバトンを繋ぐか
個人的には、ノノと悠太の父・悠介が正気に戻るエンド希望だが…



最初に書いたけどもう一度。


次号、最終回!!










ん?

なんか、ものすごく大事なこと忘れてる気が…















「このジャンプで負けたら私」

「今日はおっぱい丸出しで帰る」




おい…

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。