スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

連休中のできごと

実家に帰っても墓参り以外することがなかったので本屋に行って
マンガを3冊買った!これのみ!orz


「黒博物館 スプリンガルド」
「トライピース 第1巻」
「ヤクザガール 第2巻」


以下、ネタバレっていうほどではないけれど、内容に触れてる部分もあるので注意

オチを先に書いてしまうけど、ヤクザガールとトライピースについては
けっきょく一言も触れずに終わってます…
「黒博物館 スプリンガルド」

「うしおととら」とか「からくりサーカス」の藤田和日郎作の短編で発売は2007年
少年誌が主戦場のマンガ家だけど、これはモーニング。

感想は、100%完全なる褒め言葉としての「相変わらず」って感じ!
「相変わらず」といってもワンパターンってこともなくて
(少なくともぼくはそうは感じないです)

なんというか、こういうのをどう表現するのか分からないけど
素直じゃない、ひねくれ者のカッコよさというか
かつ話全体としては熱血ものという
男の何割かは間違いなく好きだろこういうの!ってパターン!

でも実際こういうの、分類するときはなんて呼ぶんだろう?

そんな、子供心をムダにもったままの男の子に
ウケること必死のマンガなわけですが、同じ作者の他のマンガ同様
登場する女性がこれまた男心をくすぐりすぎてヤバイわけで!

じっさいにマンガや物語なんて書いたことないから想像でしかないけど
たぶん藤田先生の、自分の脳内の「良い」と思うものを具体的に
描き出すための能力と努力がスゲーんじゃないかなーと思うんですよ。
だからこんだけカッコいいキャラとか展開、男ウケのいい女性が描けるのかなぁと

かつ、それを表現できる画力もあると(読む人を選ぶ絵ではあるけども)
今回でいうとキュレーターさんみたいな役は
どちらかというと画力と演出で惹きつけられる感じだし。
しかし、巻末の四コマでもネタにされてたけど
キュレーターさんちょい役のくせに良すぎだろjk

うん…全然ちゃんとした感想になってないけど、とりあえず一言いうなれば

面白いから読んで損なし
(もちろん人それぞれなので面白くなくても責任もちませんが)

他の作品については、うしとら、サーカスは
面白かったと記憶してるものの内容はあんまり覚えてないし
連載中の月光条例は、初めの数話を読んで
ちょっとどうかなーって感じだったので読むの止めてしまったので
それらはあんまりゴリ押しできないんですが、
同じく短編の「邪眼は月輪に飛ぶ」は
今、手元にあって面白いことが確認できてるのでゴリゴリ押せますよ。
こっちはスピリッツ掲載。

なんか予想以上に長くなってしまったので
トライピース、ヤクザガールについてはまたいつか
(このままお蔵入りパターンもあるかも…スプリンガルドほどオススメではないし)

そんな感じの連休でした

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。