スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

30年後「私はこれを聴いてこの道を志しました」(追記)

ぼくは一応、理系の底辺のドン底で
頭じゃなくて身を粉にしてる人の末端にいるんですが

擬人化ドラマCD『元素周期』8.14発売! 店舗特典は出演声優の複製サインカード

前にあった「元素周期 萌えて覚える化学の基本」のドラマCD版かよwww


ぼくは、萌え的なものにこだわりはないけど抵抗も一切ない、っていうタイプだし
マンガで覚える歴史、算数とかはそうとう読んで
間違いなく成績は上がったと思うから、こういう企画自体はいいと思うけど。
(というかマンガばっか読んでるオレを見るに見かねた親が買ってきて
 その策略にまんまとハマっただけなんだが!)

ドラマCDとなると、目と耳からの情報で、もっと覚えやすいぜ!ってのが
あるのかどうか分からないけど、これはどうにも金儲け臭がしすぎて…

もちろん金儲け大いにけっこうだし、これをきっかけに大
あーーー電車の時刻が!!!

このまま数日空けるのはなんかイヤなので未完のままさらしてみる!


追記:あれ、なんかもっと違うこと書こうとしてた気がするけど思い出せない…

とりあえず今思うことを書くっす。

金儲けがもちろん至上の目的なので(悪い意味じゃなく、当たり前のこととして)
元素擬人化キャラの可愛さを前面に押し出してるんだろうけど。

勉強の本としての分類が入門書とか啓蒙書に入るとするなら
そのへん、どんな風に分かりやすく書いてあるのかなぁ。

ん、でも、キャラそのものの可愛さとは別に
「元素が擬人化されている」っていうこと自体に萌えるのは
すでに知識のある理系のオタクだよな?
そいつらをターゲットにした場合には多少専門的なネタを絡めた方がウケる気が。

そんなこんなで、内容どんなんなのかなーってことが気になるところです。
(けっきょく何の変哲もない、いたって普通の興味の持ち方だけどw)

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
まぁ、声が付いてる時点で 
熱烈な声優ファンはご贔屓の声優さんが出てる
だけで、おそらく釣られてしまうのだろうなぁ
とは思うのだけども。 >CDドラマ

この種のハウツー物+萌え擬人化物は
雨後のタケノコ状態だったけども、実用性って
どの程度あるのかっつうと常々、疑問ではあるところ。

そもそも、学習意欲とうわぁ、このキャラかわええ~
って気持ちはナカナカ、イコールで結ばれない概念で
あるからして、漫画日本史やら学研学習の付録で
付いてきた掛け算九九おぼえちゃお!テープ的な
効果はあまり期待できないような気がするのよね。
たぶん、絵は絵として、声は声として楽しんで
情報やら教材として受け取る部分は断片的で
不完全なシロモノになるのが、大多数の受け取り手
の反応なんじゃないかなぁと。

理系知識を持ったピンポイントなオタクを狙撃する
のであれば、丁寧に作りこめば、知る人ぞ知る
カルトな一品っていうモノになるかもしれないけども、そうなってしまうと明らかに入門書の領域では
なくなり、絵で釣るサービス素材としても
相対的にパワー不足になると思うのさ。となると
やっぱり客寄せパンダ的な面での萌えキャラが
ありきで、テキスト・教材としての効果との
融和は相当厳しい気がする。それを細かく
咀嚼し、再構築する手腕と手間を考えると、
なんか他の方法をやったほうが安全だし、確実。
商売とすると、やっぱり見た目の華やかさで売って
ナンボって現実があるような。

とはいえ、擬人化することによって手に取りやすさ
とパッと見の解りやすさは急上昇してるだろうから
あくまでも、興味を持つ『入り口』としてはアリなの
かもしれない。が、それで実生活で役立つ知識
としてドコまで身に付くかっつうとまた、別問題な
気がするなぁ。受け取り手の気質にもよると
思うし、個人差がモロに影響するし。

一時期、大流行した萌えたんがきっかけで
ナチュラルな英語を喋れるようになりました!!
って人が皆無なのをみると、実状はなんとなく
お察しくださいな気がする。自腹を切って特攻する
のも、酔狂の極みですが、時間とお金が余って
いたら、発作的に効果を人体実験したくなるような
ならないような(ぉぃ
 
昔読んだドラえもんの歴史の本とかは
楽しく学べて興味を持てるように作ってあった(ような気がする)けど
それすらオミットされてる可能性があるとすると、どんな内容なんですかねぇ。

予想ではたぶん元素のもつ特徴をそのキャラの性格やら行動にこじつけてあるんでしょうけど、
その場合、ドラマCDの方は10元素だけだからいいとしても
本の方は118元素をどう差別化してるのかがすごく気になるります。

やはりこれは自ら実験台になるしかないのか…
  • \(仮)/
  • URL
  • 2009年08月16日(日)19:57

トラックバック

プロフィール

アカネ

書いてる人:アカネ

性別:♂ 適当な感じで!

最新記事

カテゴリ

リンク

真・女神転生Ⅳ

アトラス新作!
*音が出ます注意
真・女神転生Ⅳ
2013年発売予定

グリーングリーン OVERDRIVE EDITION

OVERDRIVEリメイク作!
*18禁PCゲーム注意
グリグリ応援バナー

ソレヨリノ前奏詩

minori新作!
*18禁PCゲーム注意
ソレヨリノ前奏詩

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご来場ありがとうございます

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。